Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/hyuko/hyuko.com/public_html/wp-content/themes/theme-child/functions.php:1) in /home/hyuko/hyuko.com/public_html/wp-includes/feed-rss2.php on line 8
ひゅーひゅー! Yuko@ハノイ http://hyuko.com Fri, 10 Nov 2017 20:48:15 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.0.4 http://hyuko.com/wp-content/uploads/2016/10/cropped-IMG_4754r-32x32.jpg ひゅーひゅー! Yuko@ハノイ http://hyuko.com 32 32 119161777 ハノイに待望のZARA、H&Mオープン!McDonald’sもやってくる! http://hyuko.com/1350/ http://hyuko.com/1350/#comments Fri, 10 Nov 2017 20:20:04 +0000 http://hyuko.com/?p=1350 シンガポールからハノイに引っ越してきて早一年、
もう次元が違う都会のシンガポールと比べて、何もないハノイにガッカリする事も無くなったのですが
ホーチミンと比べると、毎回ほぞを噛む気持ちになりました。

ベトナムの首都はハノイだっていうのに、
都市化が進んでいるのは断然ホーチミン。
なにかベトナムで最初に上陸するのはいつもホーチミン。
高島屋だって、ZARAだってH&Mだって、ぜーんぶ昨年ホーチミンに1号店が出来たのです。
そのニュースを聞く度、またホーチミンに遅れをとった~、同じベトナムなのに、なのに!!とガックリしました。

そんな周回遅れのハノイが、この秋は発展が目覚ましく!!
ZARA、H&M、マクドナルドが次々にオープンと、都市化の波が一気に押し寄せました!

そうです、マックさえ無かったんです。(韓国系が強いのでロッテリアはある)
引っ越してきた時にはその事実に、驚きを通り越して悟りに入りました・・。笑

もう、この3つが出来ることはハノイっ子にとって大ニュース!大事件!です。

ZARAやH&Mやマックが当たり前に存在する都市に住んでいる人には、
たかがザラでしょ、そんなに騒ぐことかよ・・と思うかもしれませんが、
私もシンガでそういう環境にいたにも拘わらず、気持ちはハノイっ子寄りです。

私は愛知県民で、東京や大阪にできたのに名古屋には来ない・・という、あの恨めしい気持ちとよく
似てる。H&Mも遅かったしIKEAだって最近よーーーうやく出来た。

だからZARAができるのをハノイっ子並みに喜んでます。
待ってましたーー!とミーハー気分も手伝って、オープン初日に偵察に行ってまいりました。

ハノイ1号店のZARAができたのはVincom Centre Ba Trieu
11月9日(木)のグランドオープニングには雨にも拘わらず、 朝から沢山のお客さんが押し寄せてました。


他の都市と同じZARA!久々の雰囲気にワクワク。

流行りのグレンチェックアイテムだってざっくざく。

今年人気のファーポケットアイテムも。

インスタで見たばかりの、袖のディテールがかわいいニットも、普通にある(そりゃそーだ)。

1F womens, 2F kids とtrf(若い子むけ)、3F mensとかなりの売り場面積で
見ごたえ十分なZARAでした。
他の都市でもキッズが無い店舗もある中、キッズがあるのが嬉しい~!




可愛い~可愛い~

何度もぐるぐる見て回って、細プリーツと光沢感、全てがツボだったこのスカートを購入しました。

ZARAはスペイン発のファストファッションブランドで、
欧州が一番安いです。
このスカートだと、
EU €29.95      → ¥4,000
日本        → ¥5,990
ベトナム1,199,000vnd →¥5,990
米国$49.95      →¥5,750
シンガポS$69.90    →¥5,940

とヨーロッパ以外はほぼ同等価格ですが、モノによっては結構な差があるんです。

↓この子供用のブーツで調べたら

EU  €29.95    → ¥4,000
日本        → ¥4,990
ベトナム999,000vnd →¥4,990
米国 $49.95   →¥5,750
シンガS$69.90   →¥5,940

とアメリカとシンガポールは1000円近くの差が。何故でしょね。
とにかくベトナムは日本と同じ価格に設定されてるようで、ホっと一安心。

今まで雑誌やお洒落インスタグラマーの投稿を見ても、
日本で流行ってることの知識と買えないフラストレーションだけが溜まっていく一方だったけど
これからは何か欲しいと思ったものを見つけたら、すぐ買いにいけるのが嬉しい!

これkら#ZARAのハッシュタグに過敏に反応してしまいそうだわ~。

ついでなのでVincom Centre Ba Trieuはどんなモールか、他に何が入っているかご紹介すると
他のビンコムよりイケてて、ハノイではここにしかないブランドも入ってます。

1)CHARLES&KEITHシンガポール発のプチプラ靴。スコールの多いシンガポールゆえ、安い合皮製ですが、デザインがいまどきで
シンガポール時代によく覗いてました。東京にも進出してます。ハノイは他にホアンキエム湖ほとりと、Vincom Nguyen Chi Thanhにも。
2)MAX &Co ・・マックスマーラの妹的ブランド。普段はお高いですがセールはザラ並になるのでSALEが待ち遠しい。
3)FURLA ・・他にTrang Tien Plazaに入ってます。
4)トミーヒルフィガーもcoming soon
5)NINE WEST ・・靴のお店だけど服も結構かわいい
6)cole haanドクターマーチン、スニーカーなど靴のお店も充実
7)TOP SHOP, MANGO , french connection , benneton などなど・・

夏休み前は大改装中でしたが、どこもZARAに合わせてリオープンしてました。


H&Mは11月11日(土)Vincom Royal cityにオープンします。
昨年秋ホーチミンに出来た初日もすごい行列だったそうなので、ハノイもきっと凄い人出になる予感がします。


McDonald’sができるのは、ホアンキエム湖の南側、Hang Khay と Hang Bai が交わるところに出来る予定で、
現在は「coming soon」の垂れ幕で覆われてます。
噂によると、12月オープンだとか。
テイクアウトしてホアンキエム湖のほとりでハンバーガーとシェイク、いいではありませんか~♪
我が家の息子もめちゃくちゃ楽しみにしています。

他にも、日経新聞によると
ユニクロもホーチミンで求人を始めたそうだし、
2018年秋に、ホーチミンかハノイに無印良品が進出するそう!!ハノイー!どうか頑張ってくれよー!

〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

 

と、今までなかったブランドができて都市化に沸くハノイなんですが、、、
これまでZARAやH&Mの実店舗はなかったのに、全くそれらが手に入らない状況でもありませんでした。
ファストファッションの多くはベトナムに工場があります。
そこから安く市場に流れる、いわゆる‘‘横流しショップ‘‘

在住の方にはお馴染み?気になってたけど入ったことはない?
次回はリアルなハノイの裏事情をお伝えします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1350/feed/ 1 1350
今年は11月18日!Craft Link Bazaar クラフトリンク・バザー http://hyuko.com/1321/ http://hyuko.com/1321/#respond Fri, 03 Nov 2017 04:37:06 +0000 http://hyuko.com/?p=1321 子供達が心待ちにしていたハロウィンも終わり、11月よこんにちは。
お菓子がつまったカボチャバケツを部屋の隅に置きつつ、
少しずつクリスマスグッズも出し始めました。
夏の一時帰国でニトリで買ってきた白樺のLEDツリー・・
電源をつなげると、白樺の枝の先端ライトが点灯するという商品なんですが。

ここがベトナム、電圧が違うという基本中の基本事項がすっかり頭からぬけていて
コンセントを挿して「わ~キレイ☆」と言った瞬間、ボンっという音とともに電気が消えました。
一瞬何が起こったか分からず、( ゚д゚)ハッ!と状況を認識した時には後の祭り。
最近は家電もハノイで買うし、パソコンなどは世界共通電圧なので、変圧器をかますという
ことをすっかり忘れておりました。

えっこらえっこらハノイに持ち込んで、やっと日の目をみたのに短命すぎるーーーーー
悔しいので電池タイプのワイヤーライトを巻き付けました。

インスタでこの間抜けな事件簿をアップしたら、結構みなさん同じような失敗をされてるようですが
お陀仏してしまった空気清浄機やDVDプレーヤーなど修理に出したら無事直り問題なく使えていると
心強いアドバイスをくれました。すごい!!
私のツリーはまぁ飾りなんで、電気がつかなくても飾ることはできるから傷も浅いし、アダプターを
交換して簡単に生き返らせられるかも・・。
修理という選択肢は全くなかったけれど、みんなの情報のおかげで
もしまたウッカリ家電をお陀仏させてしまったら、修理できるという安心をもらえました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

さて前置きが長くなりましたが、11月12月はバザーやクリスマスセールなど
イベントの少ないハノイでも、皆がわくわくする催しがある楽しい時期。

駐妻のみなさんがこぞってお出かけする「クラフトリンク・バザー」、
毎年行かれる方はそろそろかな?と気になっていた方も多いと思いますが
今年は11月18日(土)とクラフトリンクFBに発表されました~。

10月はギフトショーがあったのですが、私も初めてのイベントだったので
告知するのはおこがましく思い、インスタで行ったよ事後報告だけしたら
「教えてほしかった」という声を頂いたので、クラフトリンクは昨年も行ったし
どういう感じかお伝えできるので、ブログでお知らせする事にしました。

クラフトリンクとは、、
ベトナム各地の少数民族の伝統工芸を守り向上させる非営利のフェアトレード団体で、
少数民族の雑貨を販売する実店舗(43-51 VAN MIEU)もありますが
一年に一度行われるこのバザーは、サパなど少数民族の方々が遠方からはるばる商品を掲げて
やってきて卸売り価格で買えること、また機織りなど実演が見られる事で
在住日本人や欧米人がこぞって集まる例年のイベントになっているようです。

以下は昨年の様子です。

場所はベトナム民俗学博物館前の広場です。
入場料は昨年40,000ドンでした。娘と2人で行ったのですが、娘の分は要らなかった記憶・・
入場料には、博物館の入場料も含まれます。


会場にはテントが張られ、工房やショップがずらりと並んでいます。
その店番をする少数民族の方々の衣装も必見です。

どんな物があるかというと・・

色とりどりのキルトたち。アンティークのものも。
繊細な刺繍や自然な色合いの染ものがたまりません。



旧市街のお土産屋さんでもよく見る、漆器アイテムや

バッファローホーンのアクセサリーやカトラリーなど。
ベトナムには水牛がたくさんいるので、バッファローホーンは特産品なんです。
某高級ブランドと同じデザインのネックレスもありますね・・むふ。

クラフトリンクバザーではどれくらい安いかというと、
例えば上記のアクセサリー、デザインや店にもよりますが旧市街で$10~30のものが
15万ドン(750円)でした。

昨年は、ハノイに来たばかりで物の相場が分からなかったので、あまり沢山買いませんでしたが
一年経って旧市街での相場が分かったので、色々買ってしまいそうだなぁ~



少数民族の工房だけでなく、クラフトリンクがサポートしている団体・工房なども出店していました。
このtoheは、ベトナムの子供達が描いた絵を商品にしているお店。
(※前はタイホーエリアにありましたが、移転しまた移転し、今は8 Đỗ Quangにショップがあります。ハナロの近く)

少数民族の方の衣装は本当に素敵です。



wikipediaで「ベトナム 少数民族」と調べただけでも、54の民族が列挙されていました。
そのひとつ、モン族だけでも、花モン、黒モン、白モン、青モン、赤モン・・と細分化されているそう。
思えば日本だって、愛知県ひとつとっても尾張と三河、奥三河・・って分かれてるもんなぁ。

ハノイ歴の短い私は、衣装を見ただけではどこの民族の方かさっぱり分かりませんが、
興味を持ちながら住んでいたら、だんだん詳しくなれるかな?


このスカートは旧市街でもよくみかける、少数民族の衣装から作られたスカート。
トップスをシンプルにしたらファッショナブルなエスニックスタイルになりそう~。


ブース脇でも針仕事をすすめる方もおれば・・

しもしも~?ケータイでお電話中のおばちゃんも。現代文明は少数民族にも浸透していた(笑)

機織りの実演も見れました♪



何故か突然始まった綱引き・・笑

ちびっこ達が楽しめる、塗り絵やクラフトコーナーもありました。
横で塗り絵をしていたベトナム人の子たち、小さいのに細かく色を塗り分けていて
思わず目を見張りました。
やっぱり手先が器用なのはDNAに組み込まれてるんだろうなぁ、と感心しちゃいました。

ちなみに昨年のこの日、めちゃくちゃ暑くて娘がアイス~ジュースぅ~暑いから帰りたい~と
ダダをこねはじめたのを覚えています。
アイスもジュースも買ってあげて、バザーもひとまわりした後は博物館の中へ入りぐるっと見て
帰宅しました。

11月18日、今年のクラフトリンクも楽しみです!

November 18th 9.00 a.m ~4.30 p.m

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1321/feed/ 0 1321
和モダン空間でバブルティー&台湾スナックを「玉堂 Yu Tang」@Chua Lang http://hyuko.com/1293/ http://hyuko.com/1293/#comments Mon, 30 Oct 2017 07:22:25 +0000 http://hyuko.com/?p=1293 ハノイでも、若者の間で ”インスタ映え” は重要で
カラフルなドリンクを持ってお店の前でパチリ、→インスタに上げるのが
流行っています。
それもあってか、バブルティー(タピオカドリンク屋さん)のチェーン店を
本当によく見かけます。

私の中では、シンガポール時代のお店がそうであったのもあり
バブルティー屋さん = 飲み物しかない、ゆっくり座る所もなくてテイクアウトするもの
というイメージがありました。

ハノイでは、多少カフェらしくてもやはりバブルティー屋さんは飲み物だけの所がほとんど。
そんな中、私が夏休みから戻った頃にハノイのお洒落インスタグラマーがあげていたのが
玉堂 Yu Tang」で、なにやら美味しそうなフードもある?!と見受けられ、気になって行ってみました。

場所はDong da地区 Vincom Nguyen Chi Thanhのすぐ南の小道、Chua Lang通りにあります。
Chua Langは何だかゴミゴミした通りですが、貿易大学があって若者がいっぱいのエリア。
1kmほどの通りに、バブルティー屋さんやコピー屋さん(ハノイはコピー印刷も安い)が何軒も並んでいます。

大通りのNguyen Chi Thanhからビンコムの所をChua Langへ曲がって、20mほど歩いた右手にあります。



メニューの右半分が英語ですが、全てのメニューに写真がないので瞬時に選びにくいです。
HPのオンライン注文画面で、全てのメニューの写真が見られるので先にチェックしておくと
好みのものが見つけやすいです。
(HPからデリバリーしようと試みたら、最後の最後にエラーになること2回・・・
オーダー画面を写メ撮ってお店に行きました。トホホ)

お店でドリンクとフードの両方を注文した場合、初めはどこでどうしたらいいか分かりませんでしたが
流れはこんな感じ。

ドリンクは他のバブルティー屋同様、MかLのサイズと甘さと氷の%を指定しオーダー
オーダーすると番号札を渡される

カウンター脇でドリンクが出来るのを待って、
ドリンクだけ受け取る

席について、フードが運ばれるのを待つ。
2階、3階へはエレベーターで上れます。(各階にトランシーバーを持った店員さんがいます)
※フードが運ばれてくるのに結構時間がかかります


お店の一番のシグネチャードリンクは、タピオカミルクティー。Trà sữa trân châu nghệ nhân 51000VND
ベトナムにあるバブルティーチェーン店の中には、タピオカは既成のものを使っている店も多いようですが
Yu Tangはいちから手作り。もっちりもちもち、美味しい♪
黒蜜に絡めてあるので、シュガーの%は控えめがお勧めです。

台湾フード、色々試しましたが一番のお勧めはチャーシューパオです。

お店で食べると、パオ皮がふっかふか!!
ほろっと崩れるチャーシューに、高菜・パクチー・ピーナッツのトッピングがまた合う~。
これで39000VND(195円)ですよ!!
↑この時のドリンクはシトロングリーンティー(Tra xanh cam chanh)、
韓国柚子ティーみたいに柑橘の皮が入ってます。
これもお気に入り。

うどんや唐揚げなどおつまみも。うどんは日本のだしのような感じではなく、なんだろう・・ちょっと濃いめのアジアンテイスト。 結局いつも頼むのはいつもパオです。

Yu Tang が気に入って既に何回も来てるのには、ドリンクだけじゃなくてこういった台湾スナックが充実してるので、
1人ランチにもちょうどいいんです。ドリンクとパオで400円ちょっと♪

Yu Tangのお気に入りポイントは、フードだけじゃなくて、カフェ空間も大きな要素です。

初めて入った時、入り口付近に日本のインテリアショップかと見紛う、素敵な棚飾りがあって、
まず目をひきました。


更に上のカフェスペースは、
まるで日本の和モダンカフェに来たかのような、癒し空間なんです。

3階は壁の格子柄、和と北欧がミックスされたような優しい木目の家具にソファが。


こちら2階。この壁使いに・・ほっこり♡

2階のテラススペース↑

2階、3階が満席だったら、エレベーターではいけない秘密の(?)中2階席。ここへ行けるのは階段からのみです。

そんな風に、台湾フードと可愛い空間がすっかり気に入り、お勧め~とインスタをあげたら
お友達が「日本人が設計に関わってるみたいだよ」と教えてくれました。
「そうなんだ!やっぱり!でも日系の和食屋さんでもないのに、
どうして日本人が設計することになったんだろ・・」と気になっていました。

・・ら!
インスタの検索ページ※ を見ていた時
(※自分がフォローしていない人でも、自分がよくチェックする事柄に関わるポストやインスタグラマーがランダムに
表示される機能)
Yu Tangの写真だったのでクリックしてみたら、なんとこのYu Tangを設計されたデザイナーさんだったんです!!

嬉しくなってすぐフォローし、その後ブログを書くにあたってお話を聞きたいなぁと
勇気をだしてメッセージを送ってみたところ、お店づくりに携わった方しか知りえないような
素敵なお話を色々きかせてくださいました^^

Yu Tangの内装をデザイン設計されたのは、kiitoデザインさんとcoil松村一樹建築設計事務所さんで、
お話を伺ったのはkiitoの女性デザイナーさん。

ベトナム人オーナーが、ハノイにはないバブルティー屋さんを作りたいと、
バブルティーの本場・台湾で色々研究し、
台湾の春水堂やゴンチャ、日本のスパイスを入れるならば無印やブルーボトルのような
雰囲気で店舗作りをしたい、日本・台湾のモダンもトラディショナルも取り入れたデザインができる
設計デザイナーを探し、コンペティションを行ったそうで、見事kiitoさんのデザインが採用されたそう。

玉堂」というお店の名前は先に決まっており、kiitoさんはその名前からもブランディング提案されたそうで
」という漢字が日本では「」の意味もあるので、
玉堂がハノイの宝になるという思いを込めて、日本やアジアでよく使用される七宝柄の
デザインをベースにされたそう。
3階の壁デザインや、プラカップのデザインにはそんな想いが込められてたんですね~。

「玉」の字の点の部分が、ピカリーンと光り輝くマークになっているのは、宝の意味が
込められてるからだそう。

ぬくもり空間に重要な要素の家具たちも、背のある椅子以外はいちから作ったそうです。
お店作りに関わった方のお話を聞くと、お客のこちらまでお店に愛着が沸いてきます。

kiitoさんのお話によると、フードも台湾から台湾人シェフを雇って、ベトナムの材料を使ってメニュー開発をし
本場の味を再現しているそう。
Yu Tangはハノイ・台湾・日本のいいとこどりなバブルティーカフェなんですね^^
まだチュアランの1店舗しかないから、人気がでて他のエリアにも出来たらいいのになぁ。

そしてYu Tangだけじゃなくて、ハノイにまたこんな素敵空間のカフェが増えたらいいなと思います。

Yu Tang
32 Chùa Láng, Láng Thượng, Hà Nội

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1293/feed/ 2 1293
タルトをデリバリーできるカフェ♪「The Rustics coffee shop」 http://hyuko.com/1269/ http://hyuko.com/1269/#respond Fri, 27 Oct 2017 03:58:34 +0000 http://hyuko.com/?p=1269 イベントの少ないハノイですが、秋はなにかと運動会やイベントごとが多く、
毎週なんだかバタバタ ^^;
来週のハロウィンもコンドでTrick or Treatをするので、子供達ははりきってます。
(ぺーのゾンビの真似がしつこくて若干ウザイ・・w)

さて!!!!前回チラ見せしたものの詳細をアップするなんて言ってまた時間が経ってしまいましたが、
この写真のタルトたち、

これらのフルーツタルトは、ケーキ屋さんで買ってきたものではなく、
カフェからデリバリーしてもらってるんです♪

ハノイはそもそも美味しいケーキ屋さんが少なく、
お友達が遊びに来る時に美味しいケーキでおもてなししたい!という時、
頭を悩ませておりましたが、ここを知ってからすっかり気に入って、
なにかにつけてデリバリーしてもらってます。

そのカフェは、旧市街の端っこレーニン公園のすぐ近くにある
The Rustics Coffee shop」、カフェ自体もとっても可愛いお店です。



1階は壁の線画が絵になるテーブル席が3つ
その脇にケーキのショーケースがあります。

階段を上って、2階はテラス席。

夜は天井のライトがちらちらとキレイです。

もうひとつ上、3階にもいくつか席があります。


飲み物は珈琲系から紅茶、スムージーなど色々種類あり。

タルトも10種類近くあり、しかも毎月新作を2個くらい作ってるみたい。
甘さも控えめ、サイズもちょうどよくほんとに美味しいです。

カフェもゆっくり出来て気に入ってますが、なんといってもここの最大のポイントは
タルトをデリバリーで頼める事!!しかもSMSでラクチン。

はじめ、お店の子にSMSでデリバリーできないか確認して教えてくれたのが
スタッフの子の携帯番号でした。
お店のホットラインもありますが、それは電話だけでSMSはできないという事で
その番号を教えてもらい、私はその個人番号にSMSでオーダーを送っておりました。

ブログを書くにあたって、個人の携帯番号を掲載していいものか確認した時、
日本人にとって英語やベトナム語で電話をかけるのはハードルが高いこと、
SMSでオーダー出来たらどんなに良いかと力説し(笑)
それならこの番号をブログに載せていいよ~と 許可を頂きました。臨機応変に対応してくれて感謝です。

SMSでのデリバリーオーダーは
0166-645-6693

日や月によって種類が違うので、今日はなんのタルトがあるか確認

「Hi, I’d like to order tarts.
What kinds of tarts do you have today?」


こんな感じでリストが送られてきます。
(これは一例で日によって内容は変わります)
Here is the list:
Grapes tarte 68.000
Coconut & banana tarte 55.000
Buckwheat with dark chocolate tarte 80.000
Strawberry & yogurt tarte 55.000
Dark cherry with pistachio cream tarte 88.000
Earlgrey creme brulee tarte 55.000
Cashew chocolate tarte 64.000
Kiwi tarte 72.000
Mango tarte 64.000
Blueberry tarte 64.000
Dark chocolate almond torte tarte 75.000
Apple 55,000
Passion fruit 55,000
Berry 55,000
tropical 55,000


・オーダーしたいタルトと個数
・希望のデリバリー時間
・住所、名前、電話番号


で時間ほぼぴったりに届きます。ドアまでじゃなく、コンドの下まで来て電話がかかってくる事が多いです。


保冷材もバッチリ。
当たり前が当たり前でないハノイで、感動。

2個ずつ入る箱やラッピングも可愛い~!手土産にもぴったりです。


どれも美味しいですが、オーダー前に友達にリストを送って何がいいか聞くと、
名前だけでも一番そそられるのか人気なのは
「アールグレイ・クレームブリュレ」
紅茶の香り高く、とろっとろで美味しい。


↑奥のパッションフルーツも爽やかで大好きですが、これは先月のシーズナルでした。
また復活してほしいなぁ。
手前のは、「ストロベリー&ヨーグルト」もっと生の苺がもりっと乗ったのを想像してたら
思ってたのとちょっと違うのでした。(でも美味しいです)

今月のシーズナルは、トロピカルとベリー。ベリーは焼きこんであるタルトで日持ちもしそう。
タルトなので翌日くらいまでは持つので、毎回子供たちの分や翌日分も注文してしまいます。

なので私はミニマムオーダー数を気にした事はなかったのですが、
今回ブログを書くにあたり、再度ミニマムオーダー数とデリバリーfeeについて確認しました。

お店から5km以上の距離・・15,000VND ミニマムなし
お店から10km以上の距離・・40,000VND ミニマム4pcs

でも、お店の人に言わすと、1個のタルトが6万ドンで、4万ドンのデリバリーコストに
お客さんがオッケーなら、別に4つ以下でも構わないそうです。

家からどこにも出なくても、ひとつから美味しいタルトを運んでくれるなんて、
嬉しすぎるーーーーーー!!!

これから寒くなる時期、タルトをデリバリーしてもらえば、いつでもおうちでほっこりお茶できますね。
お勧めです♪是非おためしください。

The Rustics coffee shop

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1269/feed/ 0 1269
Happy 39 サンキュー Birthday http://hyuko.com/1259/ http://hyuko.com/1259/#comments Tue, 26 Sep 2017 18:59:27 +0000 http://hyuko.com/?p=1259

今日はわたくしのお誕生日でした。
30代最後の39歳になりました!

もうお目出たい歳でもないですが、
今朝エレベーターの中で、娘に「今日、ママのお誕生日なんだよ」と言うと
この1、2年でお誕生日が1年で一番特別な日という認識ができた娘は
「えぇ!!??」と目を見開いた後
キラキラした瞳で
「ママ、おたんじょうびおめでとう!!」と言ってくれました。
娘の無邪気さが、40にリーチという事を忘れさせ素直におめでたいと思わせてくれました。

今日一日は、
いつもどおり5:30に起きて弁当を作り
ひよっこを観て(あと5日で終わり、既にひよっこロス)

お友達と我が家でアイシングクッキー会を開くのでクッキーを仕込み、その間に猛ダッシュで部屋を片付け。

友達には気を遣わせると悪いので、今日が誕生日とは伝えず
お友達が来てから「実は誕生日なの」とケーキを一緒に食べてもらおうと、タルトをデリバリー注文完了!

アイシング作業をしながらパパっと食べられるように、ランチは
台湾フードとバブルティをテイクアウト
(本当はネットオーダーができるハズなのに、カートにいれていざ注文ボタンを押したらout of work!
急いで直接お店へ行ってテイクアウト・・いつもながらバッタバタ。汗

それでもなんとか約束の時間10分遅れでみんなを迎えると・・
お友達の手には大きなケーキの箱が!!

今朝facebookで繋がっているお友達にはお知らせが行っていたようで
朝の数時間の間にお友達同士で連絡しあってサプライズで用意してくれていたのでした。
うおーーーーん感激!!!

ケーキ屋さんがつけてくれたキャンドルは5本。
どうする39歳・・・
お友達が3本挿してくれました。
わたしの30代に乾杯ということで(笑)

夜は、いきつけの和食屋さんに行って美味しい魚料理で心もお腹も満たされました。

お友達と家族のおかげで、39歳のお誕生日は
楽しい1日となりました。
おめでとうのメッセージを送ってくれたお友達、お母さん、今日一緒に過ごしてくれたお友達
みんな ありがとうございました!

今年の目標は、ずばり・・迫りくる老化現象と戦う(笑)

体やお肌は言うまでもなく、自分の記憶力の低下っぷりには
自分で自分が恐ろしくなるほど。

先日も、子供達としりとりをしていた時
私 「め、、めがね」
ぺー「ね、、ねんねこさっしゃれ!!」
私 「え?何だっけ その呪文?」
子供2人「ほら、おとつい読んだ 11ぴきのねこに出てきたじゃない」

確かに。息子が図書館で借りてきた「11ぴきのねこ」を
読んであげたのは私です・・・

同じ本を同じ回数読んで、こうも記憶への定着具合が違うかと
がっくりしました。

何だかこれから、母は子供達にバカにされる時代へ突入した気がしましたよ・・(;^_^A

39歳、サンキューのとし。
感謝の気持ちを忘れず、重力と老化と戦いつつ 30代最後も良い1年にしたいと思います。

今日利用した3つのお店は順番にアップします~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1259/feed/ 4 1259
「ボーネルンド」系プレグラがキターーー!! kidzoona@イオンモール http://hyuko.com/1238/ http://hyuko.com/1238/#respond Mon, 25 Sep 2017 06:16:38 +0000 http://hyuko.com/?p=1238 前回、イオンに出来た紀伊国屋書店の続き・・

夏休み中に進化を遂げたイオンモールに現れた、もうひとつの目玉は!
ボーネルンド」系の広~いプレイグラウンドです。

子供がいる方には認知度も高い「ボーネルンド」という固有名詞、
知らない方も多いと思うのでプレグラのレポの前にちょっとご説明をば。

ボーネルンド」は、世界中の質のよい玩具や遊具を扱う日本の会社で、
調べたら創業40年の老舗です。
子供が遊びながら学べる遊び道具を販売・
それらで実際に遊べるプレイグラウンドを運営しています。

安全・安心・飾ってもかわいい上質の木のおもちゃなんかは
正直いいお値段がするので、出産祝いに「ボーネルンド」で選んでくれたら
両手をあげて喜ばれる、ママたちからの支持も高いお店です。

その「ボーネルンド」が運営しているプレグラの代表格が「キドキド
我が家は、トロントから日本に帰国し息子が9か月の時に初めてプレグラデビューしたのが
横浜の「キドキド」でした!! (当時のブログ⇒ ちゃんと書いてた。笑)

関東で、初のプレグラということもあり私が相場を知らずに行ったのですが、

こども*初めの30分 ¥600 + おとな¥500
その後 10分毎に ¥100追加

という料金制度にビックリ!!大人は時計ばっかり気になってソワソワしちゃった(笑)
(90分以上なら1日フリーパス ¥1700 というのがあるようです。)

そして今回ハノイのイオンに出来た「Kidzoona キッズーナ」は、ボーネルンドが企画をサポート、
イオンが運営するプレイグラウンドで、日本だけでなくアジア諸国に100店舗展開しているみたい!
googleで、kizoonaと検索したら、バンコクやフィリピンのページがまず出てきました。

イオン筑紫野キッズーナでのブログを書いてた方がいたので見てみたら、
今回ハノイのキッズーナにあった遊具はほとんど この日本のキッズーナに設置してある遊具と
同じでした^^

日本のキッズーナは料金が
こども はじめの60分 ¥600 + おとな¥300
その後 30分毎に   ¥300 + おとな¥150追加

平日フリーパス   ¥1000  + おとな¥500
土日フリーパス(3h)¥1100  + おとな¥550

それが、こちらベトナムだと・・

平日120k(600円)、土日は150k (750円)遊びたい放題~!!!

日本品質と同じで、料金はベトナム価格♪ これは嬉しい~!!

書いてある通り、靴下を忘れても無料でもらえます。
私が行った時は、靴下を持ってるかどうか聞かれもせずに、大人と子供の靴下を4枚貰えました。

入ってみると、広い!ハノイのプレグラはいくつか行きましたが、1,2を争う広さだと思います。

大きなボールプール!



どこぞのお父さん、ボールプールに埋もれて爆睡中(笑)


飛んで走ってのエアマットにボーネルンドのマークが。これ、横浜のキドキドにもあったわ


ボーネルンドのプレグラと言えばコレ!!な、サイバーホイール。

ハムスターみたいに走ったり、ぐるんぐるん回ってみたり


スポンジパズル。

何気に子供達が一番好きなのはコレw
ただ手で押した通りに棒が凹むだけなんだけど、
両側から押して対決したり、絵をかいてみたり、しばらく無心で遊んでます。


おもちゃコーナー。
ピタッとくっつく三角や四角いパーツで好きな形を作るマグフォーマー。
ピタッとすいつくようにくっつく瞬間がなんだか快感です(笑)

ひとつだけ残念なコーナーは、木製の木のおうち。
シルバニアみたいな木のお家があって、木の家具もいっぱいで見た目はめちゃくちゃ可愛いのに
家具が全部接着されてて動かず人形がなかったので、そのテーブルだけ誰も遊んでませんでした。
このプレグラの隣のおもちゃやさんでも、少額で遊べるコーナーがあったけど
だーれも遊んでおらず。
理由は簡単で例えばキッチンは置いてあるのに、フライパンや野菜のおもちゃが全く置いてなく、
立派なレールはあるのに走らせる電車はひとつあるのみ・・
そんなんで子供が遊びたいと思うわけないのに~。

閑話休題。
キッズーナのお店屋さんコーナーは、コスチュームも置いてあって、なりきりコスプレをして
遊べました♪

我が子たち、ポールから降りる真似をして出動するあたりが可愛い(笑)

ボタンを押すと、サイレンが鳴り小さな子も喜びそう。
ポリスバージョンも離れた場所にありました。


ケーキ屋さん、アイス屋さん、ピザ屋さん、お寿司やさん、ハンバーガー屋さん、
お医者さん、お花屋さんのお店屋さんごっこ。

ケーキ屋さんに野菜が転がってたりするけどw スタッフがこまめに片付けてました。

まだ出来たばっかりなので、遊具も小物もキレイです。
土日だったのでそこそこ混んでましたが、広いので混雑もそんなに気にならなりませんでした。
日本人の間でも既に広まりつつあるようで、幼稚園のお友達4ファミリーと遭遇しました。

ひとしきり遊んだら3時間が経ってました。
ずーっといたらなんだか喉がカラカラになったので、次回はのど飴を持ってこようと思いました。
(飲み物を買える休憩コーナーもあります)

時間制限なし、ということはランチに一回外に出て また戻ってきてもいいのか?
ハッキリ確認してはいませんが、夫が外のお店を見に行ったり、外のマッサージチェアで40分休憩すると
何回か出入りしていたので、多分ランチを挟んでも大丈夫かと思います。

子供たちもめちゃくちゃ楽しんでいたので、またすぐ行ってしまいそうです。

kidzoona キッズーナ
イオンモール ロンビエン2F

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1238/feed/ 0 1238
紀伊國屋がハノイにキターーーー!!@イオンモール http://hyuko.com/1215/ http://hyuko.com/1215/#comments Sat, 23 Sep 2017 16:28:02 +0000 http://hyuko.com/?p=1215 ハノイでは日本の物が手に入りにくく、一部手に入る物も値段は1.5倍くらいします。
一時帰国の時に食料品を始め、たんまりと買い込んでくるのですが、
重い物なんかは、労力とコストを天秤にかけて、自分なりにどちらで買うか決めています。

、これがまたかさばり重いんだけれど
ハノイでは日系の本屋さんが無いから日本で買うしかありません。

Xã Đànにある「FAHASA」というローカル書店の一角に、和書のコーナーがあるのですが(※後出)
絵本や日本文化に興味があるベトナム人むけの漫画や実用書が中心で、小説や雑誌は一冊もありません。

なので、ハノイに引っ越してからの1年、
雑誌はアプリで読み(以前紹介したブログ⇒
欲しい本ができたら、一時帰国や旅行で来られる方にお願いしたり、一時帰国するまで我慢したり
バザーで文庫を大量に買ったりしていまいた。

そんなハノイなのですが、先月私が一時帰国している間にイオンモールが何やら色々変化を見せたようで!!
お友達が「イオンに日本の本屋が入ったFAHASAができて、Xã Đànのより広かったよ~」と教えてくれました。
これは行かねば!!と本日 久々にイオンに行ってまいりました。


ロンビエンにあるイオンモール。久々と言いますのは、
1年前、ハノイに引っ越す前は「イオンがあるなら何でも手に入るじゃん!!」と期待していたのですが
はるばる足を運んでも、日本人学校で必要な学用品は置いてないし(指定のノートや上履きなど)
日本の食材だってハノイ市内の日系スーパーの方がよっぽど手に入るので、我が家は数か月に1回行くか行かないかなのです・・(;^_^A

2階にあがって・・・ありました~!

あれま!!!紀伊國屋じゃないのーーーー!!! xa danの方は紀伊國屋は関わってなかった・・と思う。

壁一面の漫画、文庫・趣味・実用書・絵本などそれぞれ棚ひとつ分か数棚だけですが
ハノイにこんなに和書コーナーができただけで感激!

こちら漫画コーナー


↑絵本コーナー
こどもが選ぶには、ちょっとぎゅうぎゅう詰め感は否めず、もうちょっと平積みや
絵本の表紙を見せての方がいいような・・・スペースの問題もあるのですよね。
絵本コーナーは、xa danの方に軍配をあげます。


文庫コーナー。

気になるお値段ですが、東野圭吾の文庫で見てみますと・・
税込み648円の文庫が179,000vnd(895円)日本の定価の1.38倍です。
2倍もしたら気軽に買えないけど、これくらいなら悪くないですよね。


ビジネス書にゴルフ読本。頑張る駐在員の為のバイブルも!


レシピ本や趣味の本


ベトナム語に、子供の学習ドリル。
勉強したいという気になったその鉄が覚めないうちに勉強本を手に入れられる事が何よりだと思います。
子供のドリルはすぐやり終えてしまうので、消してやるのもなんだかだしと思っていましたが、
ベトナムはコピー代がめちゃくちゃ安いようなので、文字の練習帳など取り掛かる前にコピーしようかなぁと
思っています。

ハードカバーの新刊書や雑誌はないけど、おまけが封入してあるムック本は少しありました。

イオンには同じく2階に新しいプレイグランドが出来てそこがまた素晴らしく、
明日続けてアップします♪
いや~イオンに足を運ぶ回数が今までよりぐっと上がりそうです。

イオンモール ロンビエン
Số 27 đường Cổ Linh, Phường Long Biên,, p. Long Biên, Long Biên

◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ●

ついでなので、冒頭で触れたFAHASAのXã Đàn店も合わせて紹介したいと思います。

日系のエステサロン「Bloom」の数軒右となりにあります。
この4階(だったかな)の一角が和書コーナーです。


絵本は表紙がこちらを向いていて、子供達もわくわくと手に取って表紙をめくりはじめます。
絵本コーナーはこちらの方に軍配!と言ったのが分かっていただけるのでは・・

そして、種類は多くないけれど絵本のチョイスが素晴らしい。
ベストセラーや話題の作者のものが並び、
絵本好きなお子さんがいる家族は嬉しくなってしまうラインナップです。

大好きなtsupera tsuperaに、ヒット続きのヨシタケシンスケ
100階建ての家シリーズや だるまさん、きんぎょがにげたなどベストセラーたち。
う~ん、ここの本は誰が選んでいるのかしら?素晴らしい。
子供達は家にあるのと同じ絵本を見つけると嬉しそうで、ここはいいところだと勝手に思っているよう。

ただ、現場にたつベトナム人のスタッフは日本語は記号にしか見えてないようで、
本が逆さまだったり、ジャンルがばらばらに並べられたりしています。


「ノンタン」と「のせ猫love」に挟まれる
「トヨタの強さの秘密」が、後からじわじわ来ます。

FAHASA 338 Xã Đàn

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1215/feed/ 2 1215
祝・ハノイ1年、海外生活10年 http://hyuko.com/1204/ http://hyuko.com/1204/#comments Fri, 22 Sep 2017 10:36:50 +0000 http://hyuko.com/?p=1204 ご無沙汰しております!・・・またこの書き出しかよ!と
自分でも嫌になるくらい、また放置してしまいました。

最近お会いする方から「ブログ見てます」と言っていただくと
心底申し訳ない気持ちになりますが、
人間ラクな方に傾いてしまうと
はじめはピサの斜塔くらいだった傾きが15度、45度と傾くと傾いてもう真横になると
アラフォーの私には再び立ち上がるのも立ち上がるのは相当な気合がないといかなくなることを
実感しています。

この2017年9月15日、ハノイに引っ越してちょうど1年が経ちました。

2007年7月に単身カナダに渡ってから、海外生活10年が経過した節目でもあります。

私の10年を振り返ると・・

2007年7月~9月 ワーホリビザの1年切符を持ってカナダ・モントリオールへ留学
2007年10月   1人でスーツケース2つ転がし、夜行バスに乗ってトロントに引っ越す
2007年12月   夫と出会う
2008年6月   結婚
2010年6月   息子ぺー誕生
2011年2月   帰任

2011年2月~7月 横浜 この期間に東日本大震災が襲う

2011年7月~ シンガポール
2012年11月 娘りー誕生
2016年7月 ちょっきり5年のシンガポール生活を経て、ビザが下りるまで帰国

2017年9月~  ハノイ ←今ここ

トロント・シンガポール・ハノイ。
いろんな友達から「どこが一番住みやすい?」と質問されます。

どこも一長一短があるので、一概にここが一番と答えにくいのですが、
まぁ私には トロント⇒シンガポール⇒ハノイ の順番で良かったかなぁ、と思います。

トロント

・街並みが綺麗。海外に住んでるという気分になる
・冬はマイナス30度の極寒だけど、セントラルヒーティングで家じゅう温かいので案外平気
・アメリカブランドや日本未上陸ブランドがいっぱい&安い。
・専門医に診てもらうのに時間がかかりすぎる。紹介状がないと診てもらえない。
・日本のものが手に入りにくい。その分工夫して暮らすようになる
 貴重な日本の雑誌は回し読みなど、友達同士の結束や助け合いの心は強い
・日本から飛行機で14時間。遠いので一時帰国はめったに出来ない
・日本人でも、学生・ワーホリ・駐在・永住組と多様

シンガポール

・アジア随一の都会!全てを輸入に頼る国、お金を出せば何でも手に入る。
・下手な日本の田舎より、日本の流行っている物、店が来る
(行列のラーメン屋やチームラボの未来の遊園地など。日本企業が海外店1号にシンガポールを選ぶことが多い)
・世界のナウがやってくる。楽しいイベントがいっぱい。
・人種のるつぼ、日本人でもマイノリティーを感じず生活できる
・国の端から端までタクシーで30分。地下鉄バスも網羅しており、どこでもサッといける
・都会だけど緑も多く、海もすぐ行ける
・物価が高すぎる。家賃・教育費・医療 レベルも高けりゃ費用もバカ高い。
・在住日本人は35,000人ほど。出会いも多いし別れも多い。

ハノイ

・物価が安い! 日本の3分の1
・野菜は殆どベトナム産。新鮮で安い
・日本のものは一部手に入るけど、やっぱり高い
・タクシーは安いと言えど、地下鉄や電車がない
・お洒落なモールがない。雑誌で可愛いものを見つけても、手に入らない
(どれくらい無いかというと、昨年ホーチミンにZARAの1号店ができて、国中がざわついたくらい。
 でもハノイは横流しショップも多いので、ファストファッションの服が安く手に入るというメリットも・・w)
・イベントごと、刺激がない
・郵便が届くか不安定
・日本のテレビ番組が1週間分自動録画されテレビっ子には天国
・冬のどんより空にウツウツとなる
・大気汚染は深刻。空気が悪くて外遊びが中止になる日も。
・在住日本人は7000人(聞く人によって5000~10,000と幅がありハッキリと分からない)日本人社会は狭いと感じる。
・情報は口コミが頼り。

3か国とも、赤ちゃん連れや妊婦さんに優しい。
シンガポールは妊婦さんや赤ちゃん連れが電車に乗ってくると、サッと席を譲る社会でした。
ハノイは優しいというより、子供が騒いでても叱らず、子供に甘いとも言える。

他にも色々あるけれど、今思いつくのを書き連ねてみました。

ハノイに引っ越してきてすぐは、その物価の安さだけで嬉しくなってしまいました。
シンガポールは日本の2倍、ハノイは日本の3分の1の感覚なので、
シンガポールからハノイに来た私たちにとっては、いきなり5分の1になった感じです!
シンガポールでは1回の買い物に50ドル使う日常が、ハノイでは1週間分の食費(笑)

ただ1年住んでみると、やっぱりマイナス面が悩みの種になってきます。

ハノイは、女子旅するには安くて可愛い雑貨もいっぱいだしベトナム料理も美味しくて良いのですが
子供が楽しめる事がなくて、毎週末 暇を持て余してしまっています。
シンガポールなら、イベント事も目白押しで、シルクドソレイユやディズニー・オンアイス、
夏休み期間になれば美術館で子供向けの無料イベントが行われ、
F1のシーズンが来たらそれにまつわるイベントが開催され、、
週末はイベントを追いかけているだけで忙しく、
なんの用事がなくてもオーチャードに出たらショッピングも楽しい。

ハノイはそういうイベントごとや子供向けのアクティビティが無いのが、
子連れファミリーには頭を悩ませる点です。
なので週末は習い事をさせている家族が多いのですが、
習い事の選択肢が少ない。
例えばシンガポールではサッカーを習わせようとした時、日系のチームだけで5クラブほどあり
雰囲気や場所など、比較検討して選ぶことができました。ハノイは1チームのみ。
水泳を習わせたくても、日本語でできるのは遠いイオンのプールひとつだけ・・で諦めています。

息子は英語が苦手だったので、シンガポールの英語環境では辛い思いもさせてしまいました。
今のハノイでの生活も、やりたいと思った事がすぐにできないという不便さがあります。
でも、日本から出たことが無かったら「日本の当たり前は当たり前じゃない」という事を
経験できているんじゃないかな、それは将来大きな価値観として彼らの中に存在することに
なるのではないかな、と思います。

病気になってはじめて健康の有難さを実感するように
離れて分かる日本の素晴らしさを私も子供達も感じていて、
日本に帰ると小さな事でいちいち感動しちゃう(笑)

指定時間どおりに宅配が届くこと
コンビニで美味しいおにぎりが買える、じゃがりこが買える
四季がある
納豆が3パックで98円なんて素晴らし過ぎる!

どこの国も一長一短はあるけれど、住めば都。

海外暮らしの秘訣は、日本のサービスレベルと比べて怒ったりいつまでもそれを引きずらないこと。
海外あるあるの嫌な事や理不尽な事があった時は、友達や家族にがーっと愚痴って
早く忘れるに限る!
以前、タクシーの運転手都合で交通量の多い道路のど真ん中で(中央分離帯側)ここで降りろと言われて憤慨し
夫に愚痴った後もずっとカリカリしていたら、夫に「ずっと怒ってても誰も得しないよ」と言われて、
ほんと怒るだけ損だなと。
もう、ちょっとやそっとの事じゃ動じません(笑)

何かあったら、ネタが増えたわくらいに構えて
のほほんと海外暮らしを楽しもうと思う11年目です。

私はカナダに旅発つ時にブログを始めたので、ブログも10年たちました。
(記念すべき10周年は放置しっぱなしでしたが・・汗)

ご無沙汰してますの書き出しにならないように
気分も新たにやっていきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1204/feed/ 6 1204
おうちでベビーシャワーパーティ♪ と製菓材料店BakerLand http://hyuko.com/1176/ http://hyuko.com/1176/#comments Sat, 10 Jun 2017 18:27:52 +0000 http://hyuko.com/?p=1176 もうちょっと見頃は終盤ですが・・
5月6月のハノイの街は、真赤な火炎樹や、バンランという紫色の花をつける樹が
そこかしこで満開に咲きほこり、とてもキレイでした。


ハノイには、春の桜はなかったから寂しかったけど、このバンランを愛でるのが毎年の季節の楽しみになりそうです。

また花売りのおばちゃんの自転車に蓮の花がお目見えして、蓮の花のシーズンなんだなと感じたり、
旬のライチがまだ早いとか、これくらいが食べごろとか、そんな話をしたり。

常夏のシンガポールにいる5年間、季節の移り変わりはイベント事や催しでしか感じとれませんでした。
(月餅が並び始めると、あぁ9月ね・・みたな)

街路樹の木々の変化や、旬の食べ物、気温が上がったり下がったりしながら移り変わる季節に
「着るものに困る」と文句言いながらも春夏秋冬のお洒落を楽しめること、
そんな五感で四季を感じられることに幸せを感じます。

とは言ってもね、言っててもね、、思ってたのは初めだけでね・・

ハノイの夏が暑すぎる!!!

体感気温47度てーーーー!!!
危険なレベルです((;^_^A

一歩家の外に出ると、灼熱の砂浜か砂漠か・・
街全体が蒸篭で蒸されてるような、わたしゃ小籠包にでもなってしまうのかという蒸し暑さです。
ハノイのお友達も比喩が上手で
巨大なドライヤーの温風を当てられてるみたいとかw 分かる!!

これは先週の暑さのピークの時で今週は少し和らぎましたが
来週も33度くらいのようです。

6月がピークと聞くので、7月8月は大したことないのかな?。。だといいけど。

● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● 

そんな暑さもピークの中、娘の幼稚園ママが、もうすぐ里帰り出産で一時帰国するので
同じクラスのお友達で、サプライズベビーシャワーパーティを開きました。

発案・幹事は私なんですが、実はベビーシャワーをやるか長らく迷っていました。
というのも、シンガポールの時は、どのコンドミニアムにもファンクションルームがあり
無料で自由に使えるスペースが備わっていたので、何かにつけてしょっちゅう
ベビーシャワーや送別会、子供のお誕生日会などなどお友達とパーティをしていました。

がしかし、ハノイはそういうファンクションルームも無いから大勢でのパーティは
やらない雰囲気だし、持ち寄りパーティ自体もあまり耳にしないので、
パーティを開催することに消極的になってました。

幹事と参加者のテンションが違ったらやりにくいかな・・とか
費用も発生するから、どこまでお願いするかな・・とか
考えていたら、時間ばかり経ってしまって、半分諦めていたら
帰国直前に妊婦の彼女とランチの話がポンっと入ってきて、このチャンスを逃したらイカンっと
思い切って皆に声を掛けてみたら、
私の心配はまったくの杞憂で
「ベビーシャワーって初めて聞いたけど一緒にやりたい~」と
皆賛同して協力してくれて、とっても嬉しかったです。
案ずるより産むがやすし!!

準備期間が2日半しかなくてバッタバッタしましたが、なんとか形になりました♪

お腹の子は女の子なので、ピンクメインで飾りつけ。

少し早く集合してもらって、天井からポンポンや風船を飾り付けてたら
主役が思いのほか早く到着で、超バッタバタ。
後から聞いたら、ピンポーンが鳴った時に私が「あ!カメラ、カメラ~!!」と叫んでいたのが
ドアの外に丸聞こえみたいだったけど(笑)

状況を把握するのにだいぶ時間がかかったお友達(笑)
ようやく状況を把握した時には涙を流して喜んでくれて、良かった~!

持ち寄りは、みんなの負担がないよう主に買ってきたものを並べてのパーティに。
maison de blancのパンを買ってきてもらってサンドウィッチにしたり、
旬のライチやフルーツ、クッキーなどなど、テーブルいっぱいに並びました。
ローカルなブンチャーも家で食べるとなんだかお洒落フードに早変わり。笑

「妊婦さんてトイレが近くない?」とさり気なくトイレにいざなって、
その間にケーキをスタンバイ!

ケーキはオーダーして、アイシングクッキーを作って乗せました。
今の家にオーブンがないので、クッキーも焼けないなぁと思ってやっていませんでしたが、
日本から持ってきた温度調整付きのトースターでやってみたら、思いの外キレイにクッキーが焼けました。
久々なのでアイシングはガッタガタだけど、オーブンがなくてもできることが分かったので
また始めようかなぁ。

パーティカラーにぴったりなピンクが可愛いケーキは、
実店舗を持たず、オンラインでオーダーするお店です。
初めて利用するとこだったので、勝手も味も分からず届きまでドキドキでしたが
見た目も味もバッチリでした!
来週結婚記念日にまた別のケーキをオーダーしているので、お店の情報は後日まとめてアップします~(ひっぱるねー)

とにかくサプライズも大成功で、主役のお友達も喜んでくれたし、
他の皆も楽しんでくれて、なんだかクラスのみんなの結束すら強くなった気がしました。

子供達がスクールから帰ってきたら、「わ~パーティパーティ♪」と余った風船でひとしきり遊び、
残りのクッキー生地でアイシングを楽しみました。

● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●●

ここからは準備編デス。 

ハノイでパーティグッズを買うには、旧市街のHang Ma通りが有名です。
ハンマー通りは、季節のイベントグッズを取り扱う店が並び、
季節のイベント時期に行くとそれ関連ばっかりなんだけど、今のように特にイベントがない時期は
パーティグッズや、紙類、梱包材などが置いてあります。


これは卒園時に謝恩会をした時の飾り。バナーやファンも、ハンマー通りの
パーティグッズ屋さんで買いました。
以前シンガポールの友達が来た時に一緒に覗いて、シンガポールより安いよね、と
諸々買って帰っていきました。
ハノイはダイソーが4万ドン(200円)なので、ダイソーより断然安いです。

ただ、どこかにはありそうだけど、それがどこだか分からない時はすごく苦労するのが
旧市街のお買い物。
おむつケーキは、最後に埃除けに、大きな透明セロファンで包むのですが、
それがこのHang Ma通り(紙やリボンなど包装材を多く扱う)
~Hang Chieu通り(ゴザ通り。ゴザと同じくらい大きなラップやプチプチなど梱包材の店が並ぶ)の、
どこかにはありそうで探しても、なかなか見当たらず・・。
写真を見せて聞いてみても、うちにはない、あっち!とたらい回しにされたり、
そういう時は無駄に疲れて、気力・体力を消耗してしまいます。
あーベトナム語をもっと勉強しろよってことなんですけどね・・(遠い目)


お花はタイホー地区のクアンアン市場へ。
上述した通り、蓮のシーズンなので蓮がわささ~とバケツに入って売られていました。
今回はそれ目当てではないので、写真だけ撮って、トルコキキョウなど4種類を買いました。
花瓶二つ+残ったのをテーブルに3つ、くらいのボリュームで16万VND(800円)でした。
ハノイはお花が安いので気軽に買えます♪ 薔薇も安い!
ベビーシャワーにはこれが無くっちゃ、のダイパーケーキ(おむつケーキ)。
かれこれ数えきれないくらい作って、その過程で、丸める方法など色々試しましたが、
簡単、早く、崩れない、渦巻き状にする方法に落ち着きました。
真ん中にはラップの芯で支えています。ラップを使い終わると取っておく癖がついてしまい
また取っておいていたんだけど、役立って良かった^^

我が子はおむつはハノイに来る前にとっくに卒業しているので、ハノイ在住の日本人が
どれを愛用しているのか全く分かりませんでしたが、
LINEでベビちゃんがいる皆に聞くと、〇〇はかぶれちゃった、◎◎は間違いないけど高いとか、
実体験をきけて
最終的にGoonはハノイで日本製とタイ製が売ってることが分かり
日本製のgoonで作りました。

ダイパーケーキ作りは、1人でもできるんだけど、支えてくれる人がいると断然早いので
今回仲良しのHさんが手伝いに来てくれて、助かりました!
手伝いにいくよーと声をかけてくれたその2時間後に来てくれるフットワークの軽さ!感謝!

ダイパーケーキは台紙を敷かないと、持ち運びの際ぐらついてしまうので、
下に本物のケーキと同じ台紙を敷きます。
アイシングクッキー用の食紅も、シンガポールを去る時に全て処分してしまったので
台紙と食紅を買いに、製菓材料店BakerLandに行きました。
製菓材料が3階建ての建物の中にぎゅぎゅっと詰まっています。
型から材料、オーブンまで!ベーキングに関するありとあらゆるものが揃っています。
お菓子作りが好きな人はきっと時間を忘れて見入ってしまいそう!

私が買いたかったウィルトンのアイシングカラーに、ケーキ台紙、どちらも難なく見つかりました♪

台紙も7000ドン(35円)とめちゃ安。

パーティグッズにお花、その他諸々なんでも安く手に入ってしまうハノイは
実はパーティがやりやすいのかも・・!!?

Baker Land

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1176/feed/ 5 1176
ベビ連れ休憩にぴったり!プレグラ付きカフェ 「kuri kuri」@ハイバーチュン http://hyuko.com/1156/ http://hyuko.com/1156/#comments Sun, 28 May 2017 19:27:02 +0000 http://hyuko.com/?p=1156 ハノイで1番暑い時期は5月6月と聞いておりましたが・・

今まさにそのど真ん中!! 
晴れた日は日差しが痛いほどジリジリと太陽が容赦なく照り付け
午後の西日なんて恐ろしいほどに、湿気をはらんだ空気がむわっと暑い、、です。
大した用事がない日はなるべくなら外に出たくない~。

週末子供達とでかけると、暑さですぐに「喉が渇いたー何か飲みたい」と訴えるので
しょっちゅうカフェに入って休憩してます。
先日インスタで、室内プレグラのあるカフェを見つけたので、早速この週末
旧市街にお出かけした際に行ってみました。

場所はハイバーチュン、オペラハウスの近くです。
住所を頼りに行ってみると、そこにあったのはベビーショップの「SOC&BROTHERS」のビル。
カフェの「kuri kuri」はこのビルの4階に入っていました。
インスタでチェックした時にはカフェの写真しか目に入らなかったので気づきませんでしたが、
ベビーショップの上にあるカフェだからプレグラがあったのね、納得!!

SOC&BROTERS」は、イオンモールやThe Garden、LOTTEにも入っている
ベビーグッズのお店で、日本メーカーを含むベビー用品を幅広く置いています。
今回は4階のカフェ利用で入ったので、エレベーターであがって2、3階は見てないですが
1階は離乳食や細かいグッズ、おもちゃ、ギフト
2、3階はベビーカーや家具などを置いてるようです。

1階は日本の離乳食やお菓子の他にも、日本の風邪薬なんかも置いてありました。
(子供用のアンパンマンの飲み薬や、大人用の薬も)
薬は「SAKURA ベトナム」の取り扱いしか知らなかったので、知ってるといざという時に安心だなと思いました。


さて本題のカフェ kuri kuri!
栗のキャラクターがついたメニューに、スタッフのエプロンには、
カタカナで「クリクリ」と書いてあり、店名のkuri kuriは栗から来てるようで
何故か日本を意識しておりました。

ワンフロアを使った広い空間の真ん中に、プレイエリアがありました。
それを囲むようにテーブル席がゆったりとした配置で並べられてます。
壁側はソファ席です。

ベビーコットまでありました。オムツ替え台も完備、ベビ連れママには最高のファシリティ♪

ガラス張りの窓から陽がたくさん入って気持ちのよい空間です。
4階という、ちょうど街路樹の葉っぱが生い茂る高さなので、窓から目に入るのは緑のみで
それもまた爽やか。

ボールプールと小さな滑り台、その隣はおままごとのオモチャやブロック等がてきとーに置いてあり
畳3枚が敷かれてました。

ベビちゃん~3歳くらいが対象かなという印象ですが、それより大きい我が子達もキャッキャと遊んで
おりました。
息子ぺーは、最近赤ちゃんが好きなようで、こういう場所やレストランで赤ちゃんを見かけると
「可愛い~かわいい~」と寄っていって遊び相手になってあげてます。
妹が赤ちゃんの時にそうであってくれたら良かったのにーーーっ!
(当時は赤ちゃん返りが酷くて妹を可愛がるどころじゃなかったので)


ドリンクの充実度に比べ、フードはほんの少しで、小腹満たしのスナック感覚のものだけでした。



パスタも子供サイズ。
カルツォーネピザ(餃子型ピザ)のミニサイズ版のようなものが、とろりと溶けたチーズと
いっぱいの具が熱々で、美味しかったです。ボロネーゼのピザ 36,000VND 180円

バインミーは、クラシックBBQポークの方を頼んだら
大人でも辛いと感じるピリ辛のお肉で、子供達は食べられませんでした。
ランチには足りなかったので、ケーキメニューからレモンのメレンゲタルトと抹茶のロールケーキをお願いしたら
どちらも無く、ショーケースから選んでと。

代わりにレモンムースを頼んで、あまり期待せずに口に運んだら!!爽やか滑らかなレモンチーズケーキで
美味しかった~!!これで190円、素晴らしい。

ランチとしていくと、フードは物足りなさを感じますが
スナックと捉えれば、お値段も良心的でコスパもいい感じです^^

ハノイは子連れにも優しく、ハノイの人自体が走り回る子供を叱ったりせず放牧状態なので((;^_^A
こういう子連れ専用の飲食店じゃなくても、気兼ねする事なく入れますが
じっとしていられない遊びたい盛りの1~3歳児を遊ばせながら
横でママたちがゆっくりお茶できるカフェは貴重だと思います。

ベビ連れママさんのランチ後のお茶タイムや、旧市街散策の休憩に
お勧めな1軒です。 

kuri kuri
17 Lý Thường Kiệt, Phan Chu Trinh, Hoàn Kiếm, Hà Nội,

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

]]>
http://hyuko.com/1156/feed/ 2 1156