日別アーカイブ: 2017年1月23日

400円で雑誌が読み放題!最強お勧めアプリ「dマガジン」

海外暮らしで手に入にくい日本のモノは枚挙にいとまがありませんが、本もそのひとつ。
ハノイには、紀伊國屋みたいな和書が並ぶ本屋さんがありません。
(絵本やジャパンカルチャー本が少し置いてあるFAHASAという本屋がありますが、それはまた別途アップします)

トロント時代も紀伊國屋はなく、お隣ニューヨークに旅行に行った時に紀伊国屋へ行って
時間を忘れて本選びをしたし、手に入れた貴重な貴重な雑誌はお友達と回し読みするのも当たり前。

シンガポールには紀伊国屋があるので恵まれた環境でしたが、
値段が日本の1.5~2倍したし、すべての雑誌がぴっちりとビニールでラップされているので
立ち読みができず、気軽に買ってはいませんでした。
表紙の特集をくまなくチェックし、「これは面白いかも・・」と買ってみて、
面白くなかったときのショックの大きさったら。

一時帰国するお友達が「何かあれば買ってくるよー」と声をかけてくれても
雑誌というものは結構重たいもので、ちょっとの節約の為に友達に負担をかけるのも申し訳ないなと
頼んだ事はありませんでした。

最新号が来るのは船便がつく発行日から1か月後、
店頭には古い雑誌が定価の2倍で並んでいるという状況下。。

2年ほど前に「dマガジン」という月額400円で最新雑誌が読み放題という夢のような
アプリの存在を知った時、にわかに信じられませんでした。
だって、1冊買うより安い料金で、雑誌が読み放題なんて!!!アンビリーバボー!!!

日本ではお笑いの渡辺直美ちゃんがCMしてます。ドコモ系のアプリ。
ドコモユーザーではなくても登録すれば使うことができます。
IMG_7157r

入会した2015年初めはまだdマガジンで読める雑誌は限られていて、例えば「VERY」は入ってなかったですが
その後登録される雑誌がどんどん増え、現在170誌が登録されてます。
今やdマガジンで読めない雑誌を挙げる方が難しいのでは、というくらい!
女性ファッション誌は勿論、スポーツや経済、趣味に至る雑誌まで老若男女、だれでも自分好みの
雑誌が見つけられるハズ。

アプリを立ち上げると、雑誌一覧がカテゴリに分かれて表示されます。
右にスクロールすると、そのカテゴリーの雑誌を全て見ることができます。
例えばメンズ雑誌はこんな感じです。
IMG_1352r
IMG_1353r
IMG_1354r
IMG_1355r

IMG_1356r
女性誌はファッション誌は幅広い年齢層むけを網羅し、
美STなどのコスメ誌、最近はたまひよなんかも加わりました。
IMG_1357r
IMG_1358r
IMG_1359r
IMG_1360r
IMG_1361r
IMG_1362r
IMG_1363r
IMG_1364r

海外に居ながらにして、最新号が発売日当日に読めるというだけでありがたいのに
なんとバックナンバーで2号前まで読めるのです!!神すぎる。
IMG_1365r

お金を出してまでは買わないけど、読み放題なら読んでみたい雑誌は沢山あるわけで(笑)
ファッションも自分はもう買わないJJあたりも、esseの節約記事も日系トレンディや女性セブンまで、
暇があればパラパラとめくってます。

IMG_7158r
1アカウントで5デバイスまで共有できるので、
iPadでもスマホでもPCでも、家族が同時に違う雑誌を読むことも可能です。

ただまぁ、一番使いやすいのはiPadくらいのタブレットかな。
写真の左はiPad air, 右はiPhone 6S plusですが
iPhoneで読むとどうしても画面が小さく疲れてくるので、私はiPadでしか読まなくなりました。

雑誌によっては、全ページが載ってるわけでなく、例えばファッション誌の30日コーデは
最初の4ページだけでその後がカットされてたりもしますが、
体感としては、ほとんどの雑誌は7-9割くらい紙媒体と同じページを見ることができています。

読みたい雑誌をダウンロードする時にはネットが繋がっている状態でないといけませんが、
ダウンロードしておけばその後wifiがない場所でも読めるので、
先日の一時帰国の時も空港でハッと思い出し空港で数冊ダウンロード、その後飛行機の中で
読みました。

タブレットで読むことの利点も。
見開きでサッサと読んでいき、気になる部分をタタンとダブルタップすると一瞬で紙本誌と同じ
文字サイズに拡大されます。指2本でピンチイン(拡大)ピンチアウト(縮小)も同様にできます。
老眼が始まっても大丈夫w
IMG_7164r

レシピなど、気になるページはスクリーンショットを取っておけば、切り抜きすることなく
ファイリングもでき、情報のスマート化になって便利。

世の美容室、雑誌代もバカにならないだろうからdマガジンを導入してはどうじゃろか。
「これで好きな雑誌をどうぞ!」ってタブレットを渡せば
「美容院でこんな雑誌を渡されちゃったー、わたしも歳くったのね、は、は、は、、涙」
という美容院あるあるも無くなりそう。?!
(いつまでもバイラ世代と思っていたのに、STORYを渡されたみないな。
私は、VOCEや美的などコスメ系雑誌を渡されると、うまく逃げたな~と思ってしまう。笑)

と話しは若干逸れましたが
私が今までに使ったアプリの中で一番神ってる!!と思うイチオシなアプリです。

月額400円をどのように数多の出版社が利益を分配しているのか、謎なのですが
日本にいてもいなくても、一冊雑誌を買うより安い金額で読み放題は
かなり魅力的です。

はじめの1か月は無料でお試しもできます♪
テトの暇つぶしに、ダウンロードしてみてはいかがでしょうか~

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村