ハノイで食べる」カテゴリーアーカイブ

ベビ連れ休憩にぴったり!プレグラ付きカフェ 「kuri kuri」@ハイバーチュン

ハノイで1番暑い時期は5月6月と聞いておりましたが・・

今まさにそのど真ん中!! 
晴れた日は日差しが痛いほどジリジリと太陽が容赦なく照り付け
午後の西日なんて恐ろしいほどに、湿気をはらんだ空気がむわっと暑い、、です。
大した用事がない日はなるべくなら外に出たくない~。

週末子供達とでかけると、暑さですぐに「喉が渇いたー何か飲みたい」と訴えるので
しょっちゅうカフェに入って休憩してます。
先日インスタで、室内プレグラのあるカフェを見つけたので、早速この週末
旧市街にお出かけした際に行ってみました。

場所はハイバーチュン、オペラハウスの近くです。
住所を頼りに行ってみると、そこにあったのはベビーショップの「SOC&BROTHERS」のビル。
カフェの「kuri kuri」はこのビルの4階に入っていました。
インスタでチェックした時にはカフェの写真しか目に入らなかったので気づきませんでしたが、
ベビーショップの上にあるカフェだからプレグラがあったのね、納得!!

SOC&BROTERS」は、イオンモールやThe Garden、LOTTEにも入っている
ベビーグッズのお店で、日本メーカーを含むベビー用品を幅広く置いています。
今回は4階のカフェ利用で入ったので、エレベーターであがって2、3階は見てないですが
1階は離乳食や細かいグッズ、おもちゃ、ギフト
2、3階はベビーカーや家具などを置いてるようです。

1階は日本の離乳食やお菓子の他にも、日本の風邪薬なんかも置いてありました。
(子供用のアンパンマンの飲み薬や、大人用の薬も)
薬は「SAKURA ベトナム」の取り扱いしか知らなかったので、知ってるといざという時に安心だなと思いました。


さて本題のカフェ kuri kuri!
栗のキャラクターがついたメニューに、スタッフのエプロンには、
カタカナで「クリクリ」と書いてあり、店名のkuri kuriは栗から来てるようで
何故か日本を意識しておりました。

ワンフロアを使った広い空間の真ん中に、プレイエリアがありました。
それを囲むようにテーブル席がゆったりとした配置で並べられてます。
壁側はソファ席です。

ベビーコットまでありました。オムツ替え台も完備、ベビ連れママには最高のファシリティ♪

ガラス張りの窓から陽がたくさん入って気持ちのよい空間です。
4階という、ちょうど街路樹の葉っぱが生い茂る高さなので、窓から目に入るのは緑のみで
それもまた爽やか。

ボールプールと小さな滑り台、その隣はおままごとのオモチャやブロック等がてきとーに置いてあり
畳3枚が敷かれてました。

ベビちゃん~3歳くらいが対象かなという印象ですが、それより大きい我が子達もキャッキャと遊んで
おりました。
息子ぺーは、最近赤ちゃんが好きなようで、こういう場所やレストランで赤ちゃんを見かけると
「可愛い~かわいい~」と寄っていって遊び相手になってあげてます。
妹が赤ちゃんの時にそうであってくれたら良かったのにーーーっ!
(当時は赤ちゃん返りが酷くて妹を可愛がるどころじゃなかったので)


ドリンクの充実度に比べ、フードはほんの少しで、小腹満たしのスナック感覚のものだけでした。



パスタも子供サイズ。
カルツォーネピザ(餃子型ピザ)のミニサイズ版のようなものが、とろりと溶けたチーズと
いっぱいの具が熱々で、美味しかったです。ボロネーゼのピザ 36,000VND 180円

バインミーは、クラシックBBQポークの方を頼んだら
大人でも辛いと感じるピリ辛のお肉で、子供達は食べられませんでした。
ランチには足りなかったので、ケーキメニューからレモンのメレンゲタルトと抹茶のロールケーキをお願いしたら
どちらも無く、ショーケースから選んでと。

代わりにレモンムースを頼んで、あまり期待せずに口に運んだら!!爽やか滑らかなレモンチーズケーキで
美味しかった~!!これで190円、素晴らしい。

ランチとしていくと、フードは物足りなさを感じますが
スナックと捉えれば、お値段も良心的でコスパもいい感じです^^

ハノイは子連れにも優しく、ハノイの人自体が走り回る子供を叱ったりせず放牧状態なので((;^_^A
こういう子連れ専用の飲食店じゃなくても、気兼ねする事なく入れますが
じっとしていられない遊びたい盛りの1~3歳児を遊ばせながら
横でママたちがゆっくりお茶できるカフェは貴重だと思います。

ベビ連れママさんのランチ後のお茶タイムや、旧市街散策の休憩に
お勧めな1軒です。 

kuri kuri
17 Lý Thường Kiệt, Phan Chu Trinh, Hoàn Kiếm, Hà Nội,

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

旧市街で1番人気のバインミー「Banh Mi 25」タイホー地区に2号店も。

またまたご無沙汰してしまいました。
アテンドweekからの、息子卒園に向かって謝恩会の準備などで何だかバタバタしてしまいました。

3.11のニュースを見ていたら、震災の日に産まれた子が、息子と同じように
この春幼稚園を卒園し、4月に小学生になると取材していました。
息子は2010年生まれで、震災当時は赤ちゃんだったので、「同じ学年」という事が
ぱっと浮かびませんでしたが、あの時生まれた子が息子と同じもう小学生なんだな、と時の流れをしみじみと感じました。

ニュースで見た、被災者への取材では、今でも、正しく理解していない人から
差別的な言葉を受けることが辛いと伝えていました。(義援金もらってるんでしょ、いいわねみたいな)
月日が経った今、今の被災地の現状や3.11関連のニュースや記事を、受け流す事なく
ちゃんと見聞きして理解を深めようとする気持ちを持つこと、忘れない事が必要なんじゃないかなと
思い、11日前後に会った友達と、あの頃どこでどうしていたかの話をしたりしました。

● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ●

さて、だいぶ間が空いてしまったけれど
TV「2度目のハノイ」で紹介された店を詳しく見ていこうシリーズ~ その②!!

それはみんな大好きバインミー

バインミーとは?ひとことで言えばベトナム風サンドウィッチ。
フランス統治時代の19世紀末、サイゴン(現在のホーチミン)に
伝わったとされるフランスの置き土産(?)、
フランスパンにハムなどの具材、ヌクマム(魚醤)で味付けされたなますやパクチーなど、
ベトナムならではの具材を挟んだものなのですが、
このパン自体が、バゲットのように硬すぎることも、逆に柔らかすぎることもなく
いい感じにパリパリ&しっとりで最高に美味しいです!!
サンドウィッチという気軽な食べ物なので、私も1人ランチの時などによく食べてます。

「2度目のハノイ」でも紹介されていた Banh Mi 25 は、
創業45年、北部伝統のバインミーの味を守り続ける老舗のバインミー屋さん。
いつも大勢の観光客で賑わっている人気No.1のお店です。

旧市街の、北側に位置するHang Ca通りにあります。
「バインミー25」の25は住所から。(25 Hang Ca Street)
ハノイってこういう名前の付け方が多いですね。

世界各国のガイドブックで紹介されているようで、
旧市街のお店はいつも欧米人観光客でいっぱいです。

IMG_7927r

旧市街の風景に溶け込んで通り過ぎてしまいそうですが、この看板が目印!
IMG_7920r

私が引っ越して来て初めて足を訪れた時には、左側の黄色い壁のカフェスペースは既にありましたが、
このイートインスペースが出来たのは、最近みたいです。
それまではこの写真でも欧米人のお客さんが食べてるように、路上のスペースだけだったよう。
IMG_7918r
いつもお客さんがいっぱいで店内の写真は撮れなかったけど、3時くらいにいったら
奇跡的に誰もいなかったのでパチリ。

注文は、カフェ内で食べる場合でも、このバインミーを作る様子が見られるガラスカウンターのところで
バインミーのオーダーをします。

IMG_7929r

IMG_7922r

メニューはこちら。看板メニューは豚肉のバインミーなので、お嫌いでなければ是非ポークで!
迷ったら全部入れのmix!
全部入れでお値段は25,000VND (125円)。安定のハノイ物価!!安いっ

旧市街のお店は外国人慣れしているので、オーダーも英語でokで
オーダーの際に「パクチーok?」と向こうから訊いてきてくれます。

飲み物はカフェ内で頼んで、最後にまたカウンターに戻ってレシートを渡して
バインミーと飲み物の両方分をまとめて支払います。

IMG_5853r
食べかけ失礼します。

このパンが、皮がパリパリで硬さはあるのに噛みきれやすく
中は軽くてふわふわ。具材やパクチーと相まってほんとに美味しい!
このかぶりつきやすいサイズで食べやすいというのもポイント高し。(ハンバーガーではたまに躊躇するサイズがあるので・・)

勿論パンはお手製で、2時間ごとに焼きあがるそう。
オーダーが入ってから軽く焼いてくれるので、さらにパリッとホカホカに!

お店の店頭では具を挟む様子は見ることができても、
その前の仕込みの部分までは見られないので、「2度目のハノイ」で
パテやソーセージを作っているところまで見れて面白かったです。
IMG_9651r
IMG_9652r
IMG_9077r
IMG_9653r

旧市街のお店は、旧市街ショッピングの合間に行ける立地の利点と、
カフェが可愛いという点はあるのですが、その故どこの国からの観光客にも人気で
カフェに座れない事もある・・という事が玉に瑕ではあります。

でもやっぱり、ハノイ観光といったら旧市街!なので、
先日の2回のアテンドも、こちらのバインミー25からの~、1本北に入ってHang Chieu通りで
プラカゴを見るというコースで回りました。※以前のブログ:旧市街Hang Chieu通りでプラカゴを。

そんな大人気なバインミー屋さん、「Banh mi 25」の2号店がタイホー地区にあります。
この存在に気づいたのは最近ですが、昨年の8月ごろにはオープンしてました!

IMG_8811r

場所はYen Phuという通りで、タイ湖東側に面した道路沿いにあります。
Yen Phu。。。可愛いお店が立ち並ぶスアンジウほどまでは北ではなく、
インターコンチやSheraton hotelなどタイ湖南の主要なホテルまで
歩くにはちょっと遠い・・という観光客にとっては微妙過ぎる場所です。

そんな理由からか、空いているというのは想像に難くなく、本店の混雑が嘘のように空いてる(笑)
観光客の姿は皆無です。

IMG_8816r
IMG_8818r
1号店とはまた違うイメージのインテリア。こちらの方が、どこか男前。
IMG_8828r
IMG_8814r
メニューは本店と同じです。こちらは先払いでした。
IMG_8813r
こちらでも全部のせ~と1号店と同じように注文したら、チリが結構辛かった事があり、
バインミー25は、チリは自分で後で入れると思っていたのでちょっと面喰いました。
旧市街では、辛いと感じた事はなかったけど、どちらの店舗も辛いのが苦手な方は、
チリ抜きでお願いした方が無難かもしれません。

IMG_8821r

この日この時刻は午前11:00前。

ハノイでは、朝からビールかよというツッコミは無しです。

だって、珈琲とビールが同じ値段(100円)なんだもの。
IMG_8825r
迷わずビールでしょう!

IMG_8826r
窓際に座るとタイ湖が見えます。
でもYen Pueの前のタイ湖は、ちょうど入り江のようになっていて、
ぱーんと開けた感じではないんですよね。笑
「あれっ、タイ湖ってこんな小さかったっけ?」と思ってしまいますが、
1人窓辺に座って、ぼーっとタイ湖(の一部)を眺めながら、
ハノイビールとバインミーを頂くのもなかなかオツでございました。

食べたら出なくてはと焦らされることもなく
2号店は1号店とは違う良さを感じた次第です。

ここだけの為にYen Phuは遠い!という方は、
行くならインテリアショップ「Dreamers」と抱き合わせで行くのも良いかな・・
でもDreamersまでも500m程あり、炎天下の中歩くと結構な距離というのは予め記しておきます。

ここ数日で、ハノイは急激に夏日が多くなってきました。
うっかり曇りの朝に厚手のコートを着て出かけると、昼過ぎには滝のような汗をかくことに。
私にとって、初めての4月5月、ハノイで一番暑いと聞くシーズンの到来です。
昨年6月に下見に来た時、確かに暑かった・・
ハノイでも、年によって猛暑とか涼夏とかあるのかしら・・・

Yen Phu店に、デリバリーのリーフレットが置いてありました。
(旧市街店もデリバリーしてるかは分かりません、ごめんなさい)
バインミー2本以上の注文でデリバリーしてくれるそうです!
デリバリー対応の範囲もハッキリ書いてなかったですが、タイホー地区なら配達してくれそう。
IMG_9784r
お昼時に家にいると、
「お昼はバインミーくらいでいいんだけど、外に出るのが面倒くさいな・・・」って時は
ちょくちょくあるので、タイホー地区在住の方は使えそうですね^^

● ◎ ● ◎ ● ◎ ●

最近日本はパクチーブームもあって、バインミーも流行ってるとか!?
昨年夏にたまたま日本で見ていた番組で紹介された、高田馬場にあるバインミー屋さんは連日大行列だと放送されてました。(ベトナム行きが決まっていたので、ベトナム関連のニュースが流れると、おぉっと思わず注目してました)
japanbm
お店の名前は、そのまま「バインミーサンドイッチ」でした。

同じく高田馬場には、ベトナム人留学生がオープンしたバインミー屋さんもあるそうです。→Viet joの記事
あの、ベトナムのバインミーの特徴のあるパンを焼いてくれるパン屋を探すのに苦労した話などが掲載されてました。

東京でバインミーが試したくなったら高田馬場へ!!!
本物が食べたくなったらベトナムへ是非どうぞ^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村