お土産・お買い物」カテゴリーアーカイブ

旧市街でバッチャン焼きを買うなら「ハンザ市場」の地下

TV「2度目のハノイ」で紹介された店を詳しく見ていこうシリーズ~ その③!!
今回はバッチャン焼き についてです。

バッチャン焼きとは、ハノイ郊外のバッチャン村という小さな村で作られる陶器で、
14世紀頃から始まったと言われており、600年以上の歴史を持つベトナムを代表する
工芸品のひとつです。
15年くらい前、アジアンブーム雑貨でベトナム雑貨が日本に入ってきた時、
よく目にした朱色の菊模様の器たち・・アレです。
IMG_8920r
時を経て、今人気があるのは「ニューバッチャン」と呼ばれる、
セラミックを上塗りしてあるもの。耐熱仕様になり、レンジやオーブンでも使えるんです。
昔ながらのバッチャン焼きはざらっとしているけど、ニューバッチャンはつるっとしています。

先日の2度のアテンドのお友達たちに、何が見たいか聞くと「食器が見たい!」とのことだったので、
バッチャン焼きが沢山ある場所へお連れする事にしました。

時間がある&沢山買いたい、という人には、バッチャン村まで行ってしまうのが良いと思います。
バッチャン村までは、ロンビエンバスターミナル(旧市街の北)からバスで40分で着くので
朝出れば2時間くらい見て回って昼過ぎにはハノイ市内に戻ってこられます。
(↓地図の左上☆がいっぱいついている所がハノイ旧市街、右下の赤いところがバッチャン村です)
battrang map2
時間があまり無い、1,2個気に入ったのがあれば買いたい、くらいなら
旧市街でバッチャン焼きがガッツリ並べられているストールのある、ハンザ市場がお勧めです。
IMG_8906r
近代的な建物が目をひく、ハンザマーケット。
Hang Da」と書いて「ハンザ」と読みます。

1階、2階部分はこ綺麗なインテリアショップや雑貨屋が入っていますが、
閑古鳥が鳴いていて、ショップに入るのも気が引ける・・というか(笑)時間があったら見てもいいかな~・・くらいです。

バッチャン焼きがあるのは地下です。
地下へは、向かって右側の階段か、裏側の入り口から入らないと到達できません。
IMG_9242r
右側の階段を下りていきます。一見、駐車場の入り口みたいですが怖がらずに進んでください。

IMG_9301r
まず目に飛び込んでくるのは ザ・カオス!!!
細い道に入り込むと時々出くわすこういうカオス(笑)発展途上国だなと思う
IMG_9302r
靴・食材・洋服のカオスが続きますが
ひるまずに突き進んでいくと・・!
IMG_8909r
バッチャン焼きのストールが10軒くらい並ぶ一角に到達します。
その目の前は野菜が無造作に積まれた八百屋ゾーン。笑
IMG_8913r
IMG_8917r
危ういバランスで積み上げられた食器の壁でできたコの字型のスペースには、
人が1人ようやく体を滑り込む事ができるほどの狭さです。
リュックをしょっていたり、大きなカバンを肩にかけたりすると割ってしまいそうなので
鞄は抱きかかえるなどして慎重~に。

IMG_8965r
IMG_8968r
IMG_8914r
IMG_8923r

品揃えはどこも似たりよったりですが、それでも少しずつ違うので全部ざーっと見てから買うのが良いと思います。
値段は交渉できます。
何枚買えばいくらにすると言う店や、これとこれを買えばコレをおまけとか。
だいたい、売りたい値段の2割増しで言ってくるので、交渉すれば2割下がる感覚です。
昔ながらのバッチャンとニューバッチャンでは値段が違い、ニューバッチャンの方が高いので
同じ形でも値段は違う事はあるので聞いてみてください。

相場(言い値→頑張ればこれくらいに下がる値段)
・カップ&ソーサー 120k→100k(500円)
・20㎝くらいの皿  120k→100k(500円)
・どんぶり     180k→150k(750円)

アテンドというのに、私もついつい買ってしまいました。笑
IMG_9820
こちら私が買ったニューバッチャン。
バッチャン焼きの模様はいくつか知っていたけど、お花のウロコ模様は知らなくて
一目ぼれ。側面や裏のグリーンとの組み合わせも可愛い^^

手前から2&4番目のおばちゃんのこと(B358,B360)で買いました。
・17㎝どんぶり 150K(750円)
・14㎝小皿   60K(300円)
・れんげ    30K (150円)
・小皿     おまけ

丼はラーメンサイズほど大きくなく、もう少し小ぶりなサイズ。
親子丼や海鮮丼を盛りつけたらぴったりでした。
小さい小皿はどら焼きとかカステラとか、和菓子にぴったりなので早速愛用しています。

3番目のストールは気持ち小綺麗な感じで、日本語の表示がしてあります。
IMG_8922r

奥から2番目あたり(B368)のおばちゃんは、割と簡単に値下げしてくれます。
「いくら?」
「18万ドン」
「ディスカウント?」
「じゃぁ16万ドン」
「う~ん、、他も見る・・」
「じゃぁいくらだったらok?」と電卓を渡してきます。

言葉が通じなくても電卓さえあれば市場での買い物もダイジョーブ!!

ハンザ市場 Chợ Hàng Da
Hàng Da通り(1 Nguyễn Văn Tố),Hoàn Kiếm, Hà Nội

次回はバッチャン村へgo!!
駐妻御用達ショップへ本気の買い物へ!!続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

phu-hiep(フーヒップ)アクセサリー新作販売会のお知らせ

o0411060012220946026

ベトナム生まれの、「phu-hiep フーヒップ」というアクセサリーブランドがあります。

簡単に説明すると、フエの貧困地の不当労働を強いられていた子供達を自立支援する
プロジェクトで、購入が支援に繋がる、フェアトレードなアクセサリー。
繊細な手仕事による、輪っかに編んだパーツがphu-hipの特徴です。
a0233910_19554268
ハノイにお住まいの奥様には既に周知のアクセサリーだと思いますが
ハノイ歴3か月の私にも、思い入れのあるアクセサリーです。

私がフーヒップに出会ったのは2012年、シンガポール生活がスタートして1年が過ぎて、
仲良しの友達も増えてきた頃です。

お料理・お菓子作り、すべてにおいてパーフェクトなお友達のモコさんが、
フーヒップのボランティア販売を始め、その後会社も立ち上げました。

大都会なシンガポール、なんでもあると思われがちですが、
日本人駐在女子たちは、
「ちょうどいい価格」の「ちょうどいい可愛さ」のモノに飢えていました。

フーヒップは、そんな女子たちのハートを鷲掴みにして、
瞬く間に人気アイテムとなり、ポップアップshopのイベントが開催されるたびに、
朝からショップに100人を超える駐妻が並ぶという社会現象にまでなっていました。

シンガポールでは一人一つは必ず持ってるくらい人気で、
phu-hiep = シンガポールライフを彷彿させるので
送別品として贈ることもしばしば。
ピアスだけじゃなくてイヤリングもあるのも人気の理由のひとつ!(海外はピアスしか売ってないので)

シンガポールでどれくらい人気なのかはモコさんのブログでわかると思います。
2014年10月 pop up@ippin cafe
2015年3月 pop up@ippin cafe

仲良しのお友達がモコさんの会社やフーヒップに関わっていたこともあり、
イベントの際はブログで告知したり、差し入れしたり、
勿論買って愛用して、全力で応援していました。
a0233910_19595488
今まで買った中で一番のお気に入りはコレ。片一方を無くしてしまい、その後色違いで買いなおしたくらい。

購入が支援になると聞いても、つい目先の可愛さ・欲しさでそちら側は忘れがちに
なりそうですが、モコさんがシンガポールからフエの工房まで飛んで
工房の様子をfacebookでアップしてくれたり、
作り手の女の子たちの写真をポップアップショップの壁に貼ってくれたりしていたので
それを見て、ますますフーヒップを応援したくなったのです。
o0600045012220963357

フーヒップの生みの国ベトナムに引っ越したら、また別の形でフーヒップに関われたらいいなぁと
密かに思っていましたら・・
ハノイでフーヒップのボランティア販売をされてる方が!息子&娘の同じクラスのママさんでした!
世間はまぁなんと狭いのかしら。

次のイベントの際はぜひ教えてくださいと声をかけており、
今回直前でしたが新作展示販売会のご案内を頂きました^^
どうして直前になったかというと、新作の日本向けの制作が大忙しで
ハノイ向けは直前まで確定できなかったとのこと。

貧困で仕事を求めていた子供達が、制作に追われる多忙な日々を送っているなんて
嬉しいことですよね。

詳細はこちら!
15590600_1381029338582336_2748249399893865945_n

日時:12月20日(火)、21日(水)10am-3pm
場所:タンロンNo.1内 サクラステーション
2F,Thang Long Number one building, 1 Thang Long St,

上記フライヤーに掲載されている画像のものが新作になります。

フーヒップには、
高級ラインのコレクションライン
買い求めやすい、seedsラインがあります。
高級ラインは、ベトナム物価に慣れるとなかなか手が出にくいお値段ですが
14kゴールドを使うなど素材が違い、劣化しにくいのが良いところ。

右2デザイン(コレクションライン)とグラスマーカーは
サンプルとして展示、受注後ご自宅まで発送となります(+5万ドン)
15439809_1375521875799749_7187403747273218357_n
15356520_1375521869133083_139727679349405859_n
tumblr_inline_ogmcwrfcut1semjnz_500

左・中の4デザイン(seedsライン)は在庫がある限り、その場でご購入いただけます。
15420899_1375521809133089_8066247667044438997_n
15380296_1375521839133086_15150053807085997_n
15390789_1375521842466419_3082602361204389189_n
15356479_1375521815799755_6141819651794702166_n

また新作以外にも2012年からのシリーズを一通り揃えていますので、
今までのアイテムもご購入可能です☆

※お支払いはベトナムドンの現金のみです。

会場となる、タンロンNo.1にあるサクラステーションはこんな感じのところ。
img_5291
ちょっと写真がないのですが、アクセサリーや雑貨が並べられているスペースがあり
その横に日本の雑誌も読めるカフェがあります。
img_5666
img_5665
11月初旬に行った時、並んでた雑誌の殆どは6月号だったけど・・その辺はハノイ(笑)

その奥に、「三陸」という和食やさんがあります。
img_5667
img_5292
美味しいお寿司や北陸の郷土料理などなどが頂ける三陸で、販売会初日の20日から
ちょうどランチがスタートするそうです。お買い物ついでにここでランチも♪

グッドタイミングで、ハノイのカリスマブロガーhanocoさんが三陸について
詳しいブログをアップされてましたので、詳しくはこちらをどうぞ!!
(他力本願なわたし・・w)
hanocoさんのブログ→「ハノイDE北のうまいもんを!@三陸」

〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

フーヒップのアクセサリーを買えるお店は、ハノイでは現在2店舗あります。

1、旧市街の「Tan my design」 3階
Add: 61 Hang Gai St., Hoan Kiem Dist., Hanoi, Vietnam
img_6372r
img_7220r
img_7221r
「タンミー デザイン」は道路を挟んで向かいの刺繍リネンのお店「タンミー」の商品と、フーヒップや
その他ベトナムのアーティストによるアクセサリーや洋服、アートなどを幅広く扱う3階建てのお店。
また改めてご紹介したいと思います。

観光客も多いのでUSドル表記です。

2、スアンジウの「Betterday」
114 Xuan Dieu Street, Tay Ho, Hanoi, Vietnam
img_6207
img_6205
betterdayは珈琲豆や紅茶、雑貨を取り扱うフェアトレードを掲げたお店。
こちらには、seedsライン・30万ドン代(1000円代)の買いやすいお値段のピアスやネックレスが
置いてあります。

観光でハノイにいらした方は、
いつでもこちらの2店舗でベトナムメイドのphu-hiepをお手に取っていただけます♪
日本では、フーヒップのHPからオンラインで購入もできます。

フーヒップが誕生してもうすぐ10年。
お買い物が「いいこと」に繋がる、フエ・ハッピープロジェクト。
フーヒップがもっともっと広がりますように・・

私も買いに行きまーす!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村