子供の遊び場」カテゴリーアーカイブ

「ボーネルンド」系プレグラがキターーー!! kidzoona@イオンモール

前回、イオンに出来た紀伊国屋書店の続き・・

夏休み中に進化を遂げたイオンモールに現れた、もうひとつの目玉は!
ボーネルンド」系の広~いプレイグラウンドです。

子供がいる方には認知度も高い「ボーネルンド」という固有名詞、
知らない方も多いと思うのでプレグラのレポの前にちょっとご説明をば。

ボーネルンド」は、世界中の質のよい玩具や遊具を扱う日本の会社で、
調べたら創業40年の老舗です。
子供が遊びながら学べる遊び道具を販売・
それらで実際に遊べるプレイグラウンドを運営しています。

安全・安心・飾ってもかわいい上質の木のおもちゃなんかは
正直いいお値段がするので、出産祝いに「ボーネルンド」で選んでくれたら
両手をあげて喜ばれる、ママたちからの支持も高いお店です。

その「ボーネルンド」が運営しているプレグラの代表格が「キドキド
我が家は、トロントから日本に帰国し息子が9か月の時に初めてプレグラデビューしたのが
横浜の「キドキド」でした!! (当時のブログ⇒ ちゃんと書いてた。笑)

関東で、初のプレグラということもあり私が相場を知らずに行ったのですが、

こども*初めの30分 ¥600 + おとな¥500
その後 10分毎に ¥100追加

という料金制度にビックリ!!大人は時計ばっかり気になってソワソワしちゃった(笑)
(90分以上なら1日フリーパス ¥1700 というのがあるようです。)

そして今回ハノイのイオンに出来た「Kidzoona キッズーナ」は、ボーネルンドが企画をサポート、
イオンが運営するプレイグラウンドで、日本だけでなくアジア諸国に100店舗展開しているみたい!
googleで、kizoonaと検索したら、バンコクやフィリピンのページがまず出てきました。

イオン筑紫野キッズーナでのブログを書いてた方がいたので見てみたら、
今回ハノイのキッズーナにあった遊具はほとんど この日本のキッズーナに設置してある遊具と
同じでした^^

日本のキッズーナは料金が
こども はじめの60分 ¥600 + おとな¥300
その後 30分毎に   ¥300 + おとな¥150追加

平日フリーパス   ¥1000  + おとな¥500
土日フリーパス(3h)¥1100  + おとな¥550

それが、こちらベトナムだと・・

平日120k(600円)、土日は150k (750円)遊びたい放題~!!!

日本品質と同じで、料金はベトナム価格♪ これは嬉しい~!!

書いてある通り、靴下を忘れても無料でもらえます。
私が行った時は、靴下を持ってるかどうか聞かれもせずに、大人と子供の靴下を4枚貰えました。

入ってみると、広い!ハノイのプレグラはいくつか行きましたが、1,2を争う広さだと思います。

大きなボールプール!



どこぞのお父さん、ボールプールに埋もれて爆睡中(笑)


飛んで走ってのエアマットにボーネルンドのマークが。これ、横浜のキドキドにもあったわ


ボーネルンドのプレグラと言えばコレ!!な、サイバーホイール。

ハムスターみたいに走ったり、ぐるんぐるん回ってみたり


スポンジパズル。

何気に子供達が一番好きなのはコレw
ただ手で押した通りに棒が凹むだけなんだけど、
両側から押して対決したり、絵をかいてみたり、しばらく無心で遊んでます。


おもちゃコーナー。
ピタッとくっつく三角や四角いパーツで好きな形を作るマグフォーマー。
ピタッとすいつくようにくっつく瞬間がなんだか快感です(笑)

ひとつだけ残念なコーナーは、木製の木のおうち。
シルバニアみたいな木のお家があって、木の家具もいっぱいで見た目はめちゃくちゃ可愛いのに
家具が全部接着されてて動かず人形がなかったので、そのテーブルだけ誰も遊んでませんでした。
このプレグラの隣のおもちゃやさんでも、少額で遊べるコーナーがあったけど
だーれも遊んでおらず。
理由は簡単で例えばキッチンは置いてあるのに、フライパンや野菜のおもちゃが全く置いてなく、
立派なレールはあるのに走らせる電車はひとつあるのみ・・
そんなんで子供が遊びたいと思うわけないのに~。

閑話休題。
キッズーナのお店屋さんコーナーは、コスチュームも置いてあって、なりきりコスプレをして
遊べました♪

我が子たち、ポールから降りる真似をして出動するあたりが可愛い(笑)

ボタンを押すと、サイレンが鳴り小さな子も喜びそう。
ポリスバージョンも離れた場所にありました。


ケーキ屋さん、アイス屋さん、ピザ屋さん、お寿司やさん、ハンバーガー屋さん、
お医者さん、お花屋さんのお店屋さんごっこ。

ケーキ屋さんに野菜が転がってたりするけどw スタッフがこまめに片付けてました。

まだ出来たばっかりなので、遊具も小物もキレイです。
土日だったのでそこそこ混んでましたが、広いので混雑もそんなに気にならなりませんでした。
日本人の間でも既に広まりつつあるようで、幼稚園のお友達4ファミリーと遭遇しました。

ひとしきり遊んだら3時間が経ってました。
ずーっといたらなんだか喉がカラカラになったので、次回はのど飴を持ってこようと思いました。
(飲み物を買える休憩コーナーもあります)

時間制限なし、ということはランチに一回外に出て また戻ってきてもいいのか?
ハッキリ確認してはいませんが、夫が外のお店を見に行ったり、外のマッサージチェアで40分休憩すると
何回か出入りしていたので、多分ランチを挟んでも大丈夫かと思います。

子供たちもめちゃくちゃ楽しんでいたので、またすぐ行ってしまいそうです。

kidzoona キッズーナ
イオンモール ロンビエン2F

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

ベビ連れ休憩にぴったり!プレグラ付きカフェ 「kuri kuri」@ハイバーチュン

ハノイで1番暑い時期は5月6月と聞いておりましたが・・

今まさにそのど真ん中!! 
晴れた日は日差しが痛いほどジリジリと太陽が容赦なく照り付け
午後の西日なんて恐ろしいほどに、湿気をはらんだ空気がむわっと暑い、、です。
大した用事がない日はなるべくなら外に出たくない~。

週末子供達とでかけると、暑さですぐに「喉が渇いたー何か飲みたい」と訴えるので
しょっちゅうカフェに入って休憩してます。
先日インスタで、室内プレグラのあるカフェを見つけたので、早速この週末
旧市街にお出かけした際に行ってみました。

場所はハイバーチュン、オペラハウスの近くです。
住所を頼りに行ってみると、そこにあったのはベビーショップの「SOC&BROTHERS」のビル。
カフェの「kuri kuri」はこのビルの4階に入っていました。
インスタでチェックした時にはカフェの写真しか目に入らなかったので気づきませんでしたが、
ベビーショップの上にあるカフェだからプレグラがあったのね、納得!!

SOC&BROTERS」は、イオンモールやThe Garden、LOTTEにも入っている
ベビーグッズのお店で、日本メーカーを含むベビー用品を幅広く置いています。
今回は4階のカフェ利用で入ったので、エレベーターであがって2、3階は見てないですが
1階は離乳食や細かいグッズ、おもちゃ、ギフト
2、3階はベビーカーや家具などを置いてるようです。

1階は日本の離乳食やお菓子の他にも、日本の風邪薬なんかも置いてありました。
(子供用のアンパンマンの飲み薬や、大人用の薬も)
薬は「SAKURA ベトナム」の取り扱いしか知らなかったので、知ってるといざという時に安心だなと思いました。


さて本題のカフェ kuri kuri!
栗のキャラクターがついたメニューに、スタッフのエプロンには、
カタカナで「クリクリ」と書いてあり、店名のkuri kuriは栗から来てるようで
何故か日本を意識しておりました。

ワンフロアを使った広い空間の真ん中に、プレイエリアがありました。
それを囲むようにテーブル席がゆったりとした配置で並べられてます。
壁側はソファ席です。

ベビーコットまでありました。オムツ替え台も完備、ベビ連れママには最高のファシリティ♪

ガラス張りの窓から陽がたくさん入って気持ちのよい空間です。
4階という、ちょうど街路樹の葉っぱが生い茂る高さなので、窓から目に入るのは緑のみで
それもまた爽やか。

ボールプールと小さな滑り台、その隣はおままごとのオモチャやブロック等がてきとーに置いてあり
畳3枚が敷かれてました。

ベビちゃん~3歳くらいが対象かなという印象ですが、それより大きい我が子達もキャッキャと遊んで
おりました。
息子ぺーは、最近赤ちゃんが好きなようで、こういう場所やレストランで赤ちゃんを見かけると
「可愛い~かわいい~」と寄っていって遊び相手になってあげてます。
妹が赤ちゃんの時にそうであってくれたら良かったのにーーーっ!
(当時は赤ちゃん返りが酷くて妹を可愛がるどころじゃなかったので)


ドリンクの充実度に比べ、フードはほんの少しで、小腹満たしのスナック感覚のものだけでした。



パスタも子供サイズ。
カルツォーネピザ(餃子型ピザ)のミニサイズ版のようなものが、とろりと溶けたチーズと
いっぱいの具が熱々で、美味しかったです。ボロネーゼのピザ 36,000VND 180円

バインミーは、クラシックBBQポークの方を頼んだら
大人でも辛いと感じるピリ辛のお肉で、子供達は食べられませんでした。
ランチには足りなかったので、ケーキメニューからレモンのメレンゲタルトと抹茶のロールケーキをお願いしたら
どちらも無く、ショーケースから選んでと。

代わりにレモンムースを頼んで、あまり期待せずに口に運んだら!!爽やか滑らかなレモンチーズケーキで
美味しかった~!!これで190円、素晴らしい。

ランチとしていくと、フードは物足りなさを感じますが
スナックと捉えれば、お値段も良心的でコスパもいい感じです^^

ハノイは子連れにも優しく、ハノイの人自体が走り回る子供を叱ったりせず放牧状態なので((;^_^A
こういう子連れ専用の飲食店じゃなくても、気兼ねする事なく入れますが
じっとしていられない遊びたい盛りの1~3歳児を遊ばせながら
横でママたちがゆっくりお茶できるカフェは貴重だと思います。

ベビ連れママさんのランチ後のお茶タイムや、旧市街散策の休憩に
お勧めな1軒です。 

kuri kuri
17 Lý Thường Kiệt, Phan Chu Trinh, Hoàn Kiếm, Hà Nội,

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村