便利帳」カテゴリーアーカイブ

タルトをデリバリーできるカフェ♪「The Rustics coffee shop」

イベントの少ないハノイですが、秋はなにかと運動会やイベントごとが多く、
毎週なんだかバタバタ ^^;
来週のハロウィンもコンドでTrick or Treatをするので、子供達ははりきってます。
(ぺーのゾンビの真似がしつこくて若干ウザイ・・w)

さて!!!!前回チラ見せしたものの詳細をアップするなんて言ってまた時間が経ってしまいましたが、
この写真のタルトたち、

これらのフルーツタルトは、ケーキ屋さんで買ってきたものではなく、
カフェからデリバリーしてもらってるんです♪

ハノイはそもそも美味しいケーキ屋さんが少なく、
お友達が遊びに来る時に美味しいケーキでおもてなししたい!という時、
頭を悩ませておりましたが、ここを知ってからすっかり気に入って、
なにかにつけてデリバリーしてもらってます。

そのカフェは、旧市街の端っこレーニン公園のすぐ近くにある
The Rustics Coffee shop」、カフェ自体もとっても可愛いお店です。



1階は壁の線画が絵になるテーブル席が3つ
その脇にケーキのショーケースがあります。

階段を上って、2階はテラス席。

夜は天井のライトがちらちらとキレイです。

もうひとつ上、3階にもいくつか席があります。


飲み物は珈琲系から紅茶、スムージーなど色々種類あり。

タルトも10種類近くあり、しかも毎月新作を2個くらい作ってるみたい。
甘さも控えめ、サイズもちょうどよくほんとに美味しいです。

カフェもゆっくり出来て気に入ってますが、なんといってもここの最大のポイントは
タルトをデリバリーで頼める事!!しかもSMSでラクチン。

はじめ、お店の子にSMSでデリバリーできないか確認して教えてくれたのが
スタッフの子の携帯番号でした。
お店のホットラインもありますが、それは電話だけでSMSはできないという事で
その番号を教えてもらい、私はその個人番号にSMSでオーダーを送っておりました。

ブログを書くにあたって、個人の携帯番号を掲載していいものか確認した時、
日本人にとって英語やベトナム語で電話をかけるのはハードルが高いこと、
SMSでオーダー出来たらどんなに良いかと力説し(笑)
それならこの番号をブログに載せていいよ~と 許可を頂きました。臨機応変に対応してくれて感謝です。

SMSでのデリバリーオーダーは
0166-645-6693

日や月によって種類が違うので、今日はなんのタルトがあるか確認

「Hi, I’d like to order tarts.
What kinds of tarts do you have today?」


こんな感じでリストが送られてきます。
(これは一例で日によって内容は変わります)
Here is the list:
Grapes tarte 68.000
Coconut & banana tarte 55.000
Buckwheat with dark chocolate tarte 80.000
Strawberry & yogurt tarte 55.000
Dark cherry with pistachio cream tarte 88.000
Earlgrey creme brulee tarte 55.000
Cashew chocolate tarte 64.000
Kiwi tarte 72.000
Mango tarte 64.000
Blueberry tarte 64.000
Dark chocolate almond torte tarte 75.000
Apple 55,000
Passion fruit 55,000
Berry 55,000
tropical 55,000


・オーダーしたいタルトと個数
・希望のデリバリー時間
・住所、名前、電話番号


で時間ほぼぴったりに届きます。ドアまでじゃなく、コンドの下まで来て電話がかかってくる事が多いです。


保冷材もバッチリ。
当たり前が当たり前でないハノイで、感動。

2個ずつ入る箱やラッピングも可愛い~!手土産にもぴったりです。


どれも美味しいですが、オーダー前に友達にリストを送って何がいいか聞くと、
名前だけでも一番そそられるのか人気なのは
「アールグレイ・クレームブリュレ」
紅茶の香り高く、とろっとろで美味しい。


↑奥のパッションフルーツも爽やかで大好きですが、これは先月のシーズナルでした。
また復活してほしいなぁ。
手前のは、「ストロベリー&ヨーグルト」もっと生の苺がもりっと乗ったのを想像してたら
思ってたのとちょっと違うのでした。(でも美味しいです)

今月のシーズナルは、トロピカルとベリー。ベリーは焼きこんであるタルトで日持ちもしそう。
タルトなので翌日くらいまでは持つので、毎回子供たちの分や翌日分も注文してしまいます。

なので私はミニマムオーダー数を気にした事はなかったのですが、
今回ブログを書くにあたり、再度ミニマムオーダー数とデリバリーfeeについて確認しました。

お店から5km以上の距離・・15,000VND ミニマムなし
お店から10km以上の距離・・40,000VND ミニマム4pcs

でも、お店の人に言わすと、1個のタルトが6万ドンで、4万ドンのデリバリーコストに
お客さんがオッケーなら、別に4つ以下でも構わないそうです。

家からどこにも出なくても、ひとつから美味しいタルトを運んでくれるなんて、
嬉しすぎるーーーーーー!!!

これから寒くなる時期、タルトをデリバリーしてもらえば、いつでもおうちでほっこりお茶できますね。
お勧めです♪是非おためしください。

The Rustics coffee shop

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

紀伊國屋がハノイにキターーーー!!@イオンモール

ハノイでは日本の物が手に入りにくく、一部手に入る物も値段は1.5倍くらいします。
一時帰国の時に食料品を始め、たんまりと買い込んでくるのですが、
重い物なんかは、労力とコストを天秤にかけて、自分なりにどちらで買うか決めています。

、これがまたかさばり重いんだけれど
ハノイでは日系の本屋さんが無いから日本で買うしかありません。

Xã Đànにある「FAHASA」というローカル書店の一角に、和書のコーナーがあるのですが(※後出)
絵本や日本文化に興味があるベトナム人むけの漫画や実用書が中心で、小説や雑誌は一冊もありません。

なので、ハノイに引っ越してからの1年、
雑誌はアプリで読み(以前紹介したブログ⇒
欲しい本ができたら、一時帰国や旅行で来られる方にお願いしたり、一時帰国するまで我慢したり
バザーで文庫を大量に買ったりしていまいた。

そんなハノイなのですが、先月私が一時帰国している間にイオンモールが何やら色々変化を見せたようで!!
お友達が「イオンに日本の本屋が入ったFAHASAができて、Xã Đànのより広かったよ~」と教えてくれました。
これは行かねば!!と本日 久々にイオンに行ってまいりました。


ロンビエンにあるイオンモール。久々と言いますのは、
1年前、ハノイに引っ越す前は「イオンがあるなら何でも手に入るじゃん!!」と期待していたのですが
はるばる足を運んでも、日本人学校で必要な学用品は置いてないし(指定のノートや上履きなど)
日本の食材だってハノイ市内の日系スーパーの方がよっぽど手に入るので、我が家は数か月に1回行くか行かないかなのです・・(;^_^A

2階にあがって・・・ありました~!

あれま!!!紀伊國屋じゃないのーーーー!!! xa danの方は紀伊國屋は関わってなかった・・と思う。

壁一面の漫画、文庫・趣味・実用書・絵本などそれぞれ棚ひとつ分か数棚だけですが
ハノイにこんなに和書コーナーができただけで感激!

こちら漫画コーナー


↑絵本コーナー
こどもが選ぶには、ちょっとぎゅうぎゅう詰め感は否めず、もうちょっと平積みや
絵本の表紙を見せての方がいいような・・・スペースの問題もあるのですよね。
絵本コーナーは、xa danの方に軍配をあげます。


文庫コーナー。

気になるお値段ですが、東野圭吾の文庫で見てみますと・・
税込み648円の文庫が179,000vnd(895円)日本の定価の1.38倍です。
2倍もしたら気軽に買えないけど、これくらいなら悪くないですよね。


ビジネス書にゴルフ読本。頑張る駐在員の為のバイブルも!


レシピ本や趣味の本


ベトナム語に、子供の学習ドリル。
勉強したいという気になったその鉄が覚めないうちに勉強本を手に入れられる事が何よりだと思います。
子供のドリルはすぐやり終えてしまうので、消してやるのもなんだかだしと思っていましたが、
ベトナムはコピー代がめちゃくちゃ安いようなので、文字の練習帳など取り掛かる前にコピーしようかなぁと
思っています。

ハードカバーの新刊書や雑誌はないけど、おまけが封入してあるムック本は少しありました。

イオンには同じく2階に新しいプレイグランドが出来てそこがまた素晴らしく、
明日続けてアップします♪
いや~イオンに足を運ぶ回数が今までよりぐっと上がりそうです。

イオンモール ロンビエン
Số 27 đường Cổ Linh, Phường Long Biên,, p. Long Biên, Long Biên

◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ●

ついでなので、冒頭で触れたFAHASAのXã Đàn店も合わせて紹介したいと思います。

日系のエステサロン「Bloom」の数軒右となりにあります。
この4階(だったかな)の一角が和書コーナーです。


絵本は表紙がこちらを向いていて、子供達もわくわくと手に取って表紙をめくりはじめます。
絵本コーナーはこちらの方に軍配!と言ったのが分かっていただけるのでは・・

そして、種類は多くないけれど絵本のチョイスが素晴らしい。
ベストセラーや話題の作者のものが並び、
絵本好きなお子さんがいる家族は嬉しくなってしまうラインナップです。

大好きなtsupera tsuperaに、ヒット続きのヨシタケシンスケ
100階建ての家シリーズや だるまさん、きんぎょがにげたなどベストセラーたち。
う~ん、ここの本は誰が選んでいるのかしら?素晴らしい。
子供達は家にあるのと同じ絵本を見つけると嬉しそうで、ここはいいところだと勝手に思っているよう。

ただ、現場にたつベトナム人のスタッフは日本語は記号にしか見えてないようで、
本が逆さまだったり、ジャンルがばらばらに並べられたりしています。


「ノンタン」と「のせ猫love」に挟まれる
「トヨタの強さの秘密」が、後からじわじわ来ます。

FAHASA 338 Xã Đàn

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村