イベント」カテゴリーアーカイブ

今年は11月18日!Craft Link Bazaar クラフトリンク・バザー

子供達が心待ちにしていたハロウィンも終わり、11月よこんにちは。
お菓子がつまったカボチャバケツを部屋の隅に置きつつ、
少しずつクリスマスグッズも出し始めました。
夏の一時帰国でニトリで買ってきた白樺のLEDツリー・・
電源をつなげると、白樺の枝の先端ライトが点灯するという商品なんですが。

ここがベトナム、電圧が違うという基本中の基本事項がすっかり頭からぬけていて
コンセントを挿して「わ~キレイ☆」と言った瞬間、ボンっという音とともに電気が消えました。
一瞬何が起こったか分からず、( ゚д゚)ハッ!と状況を認識した時には後の祭り。
最近は家電もハノイで買うし、パソコンなどは世界共通電圧なので、変圧器をかますという
ことをすっかり忘れておりました。

えっこらえっこらハノイに持ち込んで、やっと日の目をみたのに短命すぎるーーーーー
悔しいので電池タイプのワイヤーライトを巻き付けました。

インスタでこの間抜けな事件簿をアップしたら、結構みなさん同じような失敗をされてるようですが
お陀仏してしまった空気清浄機やDVDプレーヤーなど修理に出したら無事直り問題なく使えていると
心強いアドバイスをくれました。すごい!!
私のツリーはまぁ飾りなんで、電気がつかなくても飾ることはできるから傷も浅いし、アダプターを
交換して簡単に生き返らせられるかも・・。
修理という選択肢は全くなかったけれど、みんなの情報のおかげで
もしまたウッカリ家電をお陀仏させてしまったら、修理できるという安心をもらえました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

さて前置きが長くなりましたが、11月12月はバザーやクリスマスセールなど
イベントの少ないハノイでも、皆がわくわくする催しがある楽しい時期。

駐妻のみなさんがこぞってお出かけする「クラフトリンク・バザー」、
毎年行かれる方はそろそろかな?と気になっていた方も多いと思いますが
今年は11月18日(土)とクラフトリンクFBに発表されました~。

10月はギフトショーがあったのですが、私も初めてのイベントだったので
告知するのはおこがましく思い、インスタで行ったよ事後報告だけしたら
「教えてほしかった」という声を頂いたので、クラフトリンクは昨年も行ったし
どういう感じかお伝えできるので、ブログでお知らせする事にしました。

クラフトリンクとは、、
ベトナム各地の少数民族の伝統工芸を守り向上させる非営利のフェアトレード団体で、
少数民族の雑貨を販売する実店舗(43-51 VAN MIEU)もありますが
一年に一度行われるこのバザーは、サパなど少数民族の方々が遠方からはるばる商品を掲げて
やってきて卸売り価格で買えること、また機織りなど実演が見られる事で
在住日本人や欧米人がこぞって集まる例年のイベントになっているようです。

以下は昨年の様子です。

場所はベトナム民俗学博物館前の広場です。
入場料は昨年40,000ドンでした。娘と2人で行ったのですが、娘の分は要らなかった記憶・・
入場料には、博物館の入場料も含まれます。


会場にはテントが張られ、工房やショップがずらりと並んでいます。
その店番をする少数民族の方々の衣装も必見です。

どんな物があるかというと・・

色とりどりのキルトたち。アンティークのものも。
繊細な刺繍や自然な色合いの染ものがたまりません。



旧市街のお土産屋さんでもよく見る、漆器アイテムや

バッファローホーンのアクセサリーやカトラリーなど。
ベトナムには水牛がたくさんいるので、バッファローホーンは特産品なんです。
某高級ブランドと同じデザインのネックレスもありますね・・むふ。

クラフトリンクバザーではどれくらい安いかというと、
例えば上記のアクセサリー、デザインや店にもよりますが旧市街で$10~30のものが
15万ドン(750円)でした。

昨年は、ハノイに来たばかりで物の相場が分からなかったので、あまり沢山買いませんでしたが
一年経って旧市街での相場が分かったので、色々買ってしまいそうだなぁ~



少数民族の工房だけでなく、クラフトリンクがサポートしている団体・工房なども出店していました。
このtoheは、ベトナムの子供達が描いた絵を商品にしているお店。
(※前はタイホーエリアにありましたが、移転しまた移転し、今は8 Đỗ Quangにショップがあります。ハナロの近く)

少数民族の方の衣装は本当に素敵です。



wikipediaで「ベトナム 少数民族」と調べただけでも、54の民族が列挙されていました。
そのひとつ、モン族だけでも、花モン、黒モン、白モン、青モン、赤モン・・と細分化されているそう。
思えば日本だって、愛知県ひとつとっても尾張と三河、奥三河・・って分かれてるもんなぁ。

ハノイ歴の短い私は、衣装を見ただけではどこの民族の方かさっぱり分かりませんが、
興味を持ちながら住んでいたら、だんだん詳しくなれるかな?


このスカートは旧市街でもよくみかける、少数民族の衣装から作られたスカート。
トップスをシンプルにしたらファッショナブルなエスニックスタイルになりそう~。


ブース脇でも針仕事をすすめる方もおれば・・

しもしも~?ケータイでお電話中のおばちゃんも。現代文明は少数民族にも浸透していた(笑)

機織りの実演も見れました♪



何故か突然始まった綱引き・・笑

ちびっこ達が楽しめる、塗り絵やクラフトコーナーもありました。
横で塗り絵をしていたベトナム人の子たち、小さいのに細かく色を塗り分けていて
思わず目を見張りました。
やっぱり手先が器用なのはDNAに組み込まれてるんだろうなぁ、と感心しちゃいました。

ちなみに昨年のこの日、めちゃくちゃ暑くて娘がアイス~ジュースぅ~暑いから帰りたい~と
ダダをこねはじめたのを覚えています。
アイスもジュースも買ってあげて、バザーもひとまわりした後は博物館の中へ入りぐるっと見て
帰宅しました。

11月18日、今年のクラフトリンクも楽しみです!

November 18th 9.00 a.m ~4.30 p.m

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

おうちでベビーシャワーパーティ♪ と製菓材料店BakerLand

もうちょっと見頃は終盤ですが・・
5月6月のハノイの街は、真赤な火炎樹や、バンランという紫色の花をつける樹が
そこかしこで満開に咲きほこり、とてもキレイでした。


ハノイには、春の桜はなかったから寂しかったけど、このバンランを愛でるのが毎年の季節の楽しみになりそうです。

また花売りのおばちゃんの自転車に蓮の花がお目見えして、蓮の花のシーズンなんだなと感じたり、
旬のライチがまだ早いとか、これくらいが食べごろとか、そんな話をしたり。

常夏のシンガポールにいる5年間、季節の移り変わりはイベント事や催しでしか感じとれませんでした。
(月餅が並び始めると、あぁ9月ね・・みたな)

街路樹の木々の変化や、旬の食べ物、気温が上がったり下がったりしながら移り変わる季節に
「着るものに困る」と文句言いながらも春夏秋冬のお洒落を楽しめること、
そんな五感で四季を感じられることに幸せを感じます。

とは言ってもね、言っててもね、、思ってたのは初めだけでね・・

ハノイの夏が暑すぎる!!!

体感気温47度てーーーー!!!
危険なレベルです((;^_^A

一歩家の外に出ると、灼熱の砂浜か砂漠か・・
街全体が蒸篭で蒸されてるような、わたしゃ小籠包にでもなってしまうのかという蒸し暑さです。
ハノイのお友達も比喩が上手で
巨大なドライヤーの温風を当てられてるみたいとかw 分かる!!

これは先週の暑さのピークの時で今週は少し和らぎましたが
来週も33度くらいのようです。

6月がピークと聞くので、7月8月は大したことないのかな?。。だといいけど。

● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● 

そんな暑さもピークの中、娘の幼稚園ママが、もうすぐ里帰り出産で一時帰国するので
同じクラスのお友達で、サプライズベビーシャワーパーティを開きました。

発案・幹事は私なんですが、実はベビーシャワーをやるか長らく迷っていました。
というのも、シンガポールの時は、どのコンドミニアムにもファンクションルームがあり
無料で自由に使えるスペースが備わっていたので、何かにつけてしょっちゅう
ベビーシャワーや送別会、子供のお誕生日会などなどお友達とパーティをしていました。

がしかし、ハノイはそういうファンクションルームも無いから大勢でのパーティは
やらない雰囲気だし、持ち寄りパーティ自体もあまり耳にしないので、
パーティを開催することに消極的になってました。

幹事と参加者のテンションが違ったらやりにくいかな・・とか
費用も発生するから、どこまでお願いするかな・・とか
考えていたら、時間ばかり経ってしまって、半分諦めていたら
帰国直前に妊婦の彼女とランチの話がポンっと入ってきて、このチャンスを逃したらイカンっと
思い切って皆に声を掛けてみたら、
私の心配はまったくの杞憂で
「ベビーシャワーって初めて聞いたけど一緒にやりたい~」と
皆賛同して協力してくれて、とっても嬉しかったです。
案ずるより産むがやすし!!

準備期間が2日半しかなくてバッタバッタしましたが、なんとか形になりました♪

お腹の子は女の子なので、ピンクメインで飾りつけ。

少し早く集合してもらって、天井からポンポンや風船を飾り付けてたら
主役が思いのほか早く到着で、超バッタバタ。
後から聞いたら、ピンポーンが鳴った時に私が「あ!カメラ、カメラ~!!」と叫んでいたのが
ドアの外に丸聞こえみたいだったけど(笑)

状況を把握するのにだいぶ時間がかかったお友達(笑)
ようやく状況を把握した時には涙を流して喜んでくれて、良かった~!

持ち寄りは、みんなの負担がないよう主に買ってきたものを並べてのパーティに。
maison de blancのパンを買ってきてもらってサンドウィッチにしたり、
旬のライチやフルーツ、クッキーなどなど、テーブルいっぱいに並びました。
ローカルなブンチャーも家で食べるとなんだかお洒落フードに早変わり。笑

「妊婦さんてトイレが近くない?」とさり気なくトイレにいざなって、
その間にケーキをスタンバイ!

ケーキはオーダーして、アイシングクッキーを作って乗せました。
今の家にオーブンがないので、クッキーも焼けないなぁと思ってやっていませんでしたが、
日本から持ってきた温度調整付きのトースターでやってみたら、思いの外キレイにクッキーが焼けました。
久々なのでアイシングはガッタガタだけど、オーブンがなくてもできることが分かったので
また始めようかなぁ。

パーティカラーにぴったりなピンクが可愛いケーキは、
実店舗を持たず、オンラインでオーダーするお店です。
初めて利用するとこだったので、勝手も味も分からず届きまでドキドキでしたが
見た目も味もバッチリでした!
来週結婚記念日にまた別のケーキをオーダーしているので、お店の情報は後日まとめてアップします~(ひっぱるねー)

とにかくサプライズも大成功で、主役のお友達も喜んでくれたし、
他の皆も楽しんでくれて、なんだかクラスのみんなの結束すら強くなった気がしました。

子供達がスクールから帰ってきたら、「わ~パーティパーティ♪」と余った風船でひとしきり遊び、
残りのクッキー生地でアイシングを楽しみました。

● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●● ● ◎ ●●

ここからは準備編デス。 

ハノイでパーティグッズを買うには、旧市街のHang Ma通りが有名です。
ハンマー通りは、季節のイベントグッズを取り扱う店が並び、
季節のイベント時期に行くとそれ関連ばっかりなんだけど、今のように特にイベントがない時期は
パーティグッズや、紙類、梱包材などが置いてあります。


これは卒園時に謝恩会をした時の飾り。バナーやファンも、ハンマー通りの
パーティグッズ屋さんで買いました。
以前シンガポールの友達が来た時に一緒に覗いて、シンガポールより安いよね、と
諸々買って帰っていきました。
ハノイはダイソーが4万ドン(200円)なので、ダイソーより断然安いです。

ただ、どこかにはありそうだけど、それがどこだか分からない時はすごく苦労するのが
旧市街のお買い物。
おむつケーキは、最後に埃除けに、大きな透明セロファンで包むのですが、
それがこのHang Ma通り(紙やリボンなど包装材を多く扱う)
~Hang Chieu通り(ゴザ通り。ゴザと同じくらい大きなラップやプチプチなど梱包材の店が並ぶ)の、
どこかにはありそうで探しても、なかなか見当たらず・・。
写真を見せて聞いてみても、うちにはない、あっち!とたらい回しにされたり、
そういう時は無駄に疲れて、気力・体力を消耗してしまいます。
あーベトナム語をもっと勉強しろよってことなんですけどね・・(遠い目)


お花はタイホー地区のクアンアン市場へ。
上述した通り、蓮のシーズンなので蓮がわささ~とバケツに入って売られていました。
今回はそれ目当てではないので、写真だけ撮って、トルコキキョウなど4種類を買いました。
花瓶二つ+残ったのをテーブルに3つ、くらいのボリュームで16万VND(800円)でした。
ハノイはお花が安いので気軽に買えます♪ 薔薇も安い!
ベビーシャワーにはこれが無くっちゃ、のダイパーケーキ(おむつケーキ)。
かれこれ数えきれないくらい作って、その過程で、丸める方法など色々試しましたが、
簡単、早く、崩れない、渦巻き状にする方法に落ち着きました。
真ん中にはラップの芯で支えています。ラップを使い終わると取っておく癖がついてしまい
また取っておいていたんだけど、役立って良かった^^

我が子はおむつはハノイに来る前にとっくに卒業しているので、ハノイ在住の日本人が
どれを愛用しているのか全く分かりませんでしたが、
LINEでベビちゃんがいる皆に聞くと、〇〇はかぶれちゃった、◎◎は間違いないけど高いとか、
実体験をきけて
最終的にGoonはハノイで日本製とタイ製が売ってることが分かり
日本製のgoonで作りました。

ダイパーケーキ作りは、1人でもできるんだけど、支えてくれる人がいると断然早いので
今回仲良しのHさんが手伝いに来てくれて、助かりました!
手伝いにいくよーと声をかけてくれたその2時間後に来てくれるフットワークの軽さ!感謝!

ダイパーケーキは台紙を敷かないと、持ち運びの際ぐらついてしまうので、
下に本物のケーキと同じ台紙を敷きます。
アイシングクッキー用の食紅も、シンガポールを去る時に全て処分してしまったので
台紙と食紅を買いに、製菓材料店BakerLandに行きました。
製菓材料が3階建ての建物の中にぎゅぎゅっと詰まっています。
型から材料、オーブンまで!ベーキングに関するありとあらゆるものが揃っています。
お菓子作りが好きな人はきっと時間を忘れて見入ってしまいそう!

私が買いたかったウィルトンのアイシングカラーに、ケーキ台紙、どちらも難なく見つかりました♪

台紙も7000ドン(35円)とめちゃ安。

パーティグッズにお花、その他諸々なんでも安く手に入ってしまうハノイは
実はパーティがやりやすいのかも・・!!?

Baker Land

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村